次郎?二郎?僕は痔瘻です!発症〜退院後まで○すぎくんの体験談(後編)

スポンサードリンク




〜はじめに〜

皆さん待ちに待った痔瘻体験談後編です。20代前半で痔を患ったブロガー○すぎくん(○すぎくんのtwitter)です!後編では、入院前日から退院後まで細かく書いていきたいと思います。文章が長くなると思いますので、時間のある時に見て頂ければと思います(笑)。

〜入院前日〜

今日は入院前説明になります。文章入院で必要な書類や手術、入院生活で必要なもの1日のタイムスケジュールなどの打ち合わせをしました。病院にシャンプーやティッシュなど生活用品はあると思っていたのですが、何もないんですね。箸とコップまでも用意して下さいと言われてとてもびっくりしました!以下に入院で必要なものリスト書きます。

入院生活で必要なもの

  • 保険証・診察券
  • 歯磨きセット・石鹸・シャンプーなどの洗面用具
  • パジャマ、下着、ゴミ箱、履物
  • ティッシュペーパー、タオル
  • 大きいサイズのバスタオル2~3枚•••お尻の下に引いて分泌物がベッドにしみ込まないようにします
  • 箸、湯飲み•••食堂でご飯を食べにいきます
  • 洗剤、耳栓など•••洗濯のため、他の人のいびきでねれない人のため
  • ブリーフパンツ、ボクサーパンツ•••トランクスは駄目らしいです。生理用ナプキンをパンツに仕込むのでピタッとフィットするものが良いです。
  • 生理用ナプキン•••これがないと生活できません(笑)
  • 手術後に使う入院セット(ちり紙、防水シーツ、タライ、T字帯)入院当日に購入します(2000円)•••タライは座浴に使います

以上が前日説明で渡された用意するものリストです。僕はこの他にパソコン、wifiルーター、イヤホン、本、勉強道具などを持っていきました。入院生活の間は時間はたっぷりあリます。必要だと思うものを持っていきましょう

入院生活にかかる費用(一般的な金額)

使用料について。以下に記載します。

      • 1日当たりの使用料 個室 ・・・8,640円
      • 1日当たりの使用料 テレビ・・・   300円
      • 1日当たりの使用料 冷蔵庫・・・   100円
      • 1日当たりの使用料 コンセント・   100円

ちなみに僕は大部屋(6人部屋)でコンセントのみお金を支払いました。PCを使うためです。テレビ、冷蔵庫はお金が勿体無いし、使わないと思ったのでサインしませんでした。また、大部屋は追加料金はありません。洗濯機(300円)乾燥機(100円)もありました。金額的には高めの病院だと思います。他に入院した事ないのではっきりしたことは言えませんけどね(笑)

入院前に伝えられた金額は10日間で約11万円の支払いになります。お金は最終日に支払ってもらいますとの事でした。僕は念のため、会社から”高額医療の書類”を貰い受付に渡しました。

仮に、個室にしてテレビも冷蔵庫もコンセントも使うとしたら、10日間で20万円くらいかかると思われます。僕の正確なかかった費用は最後の最後に書きますので。

入院中の食事について

朝食/8:00昼食/12:00夕食/18:00の3食です。野菜類が1日約350g摂れる献立になっており、1800カロリーを目安に作っているみたいでした。お米の量を増やしたかったら栄養士さんに相談して下さいと言われ、個人差に合わせてくれるみたいです。この食事で1番気をつけていることは、お腹をこわし、下痢にならないように注意した食事にしているみたいです。僕はいつも通り下痢になりましたけどね(笑)

起床・消灯について

  • 起床は7:00でした。
  • 消灯は22:00でした。

面会時間

病院ごとに違うとは思いますが参考までに。月〜土曜日は13:00〜20:00。日曜日・祝日は10:00〜20:00でした。

外出・外泊について

外出、外泊は医師の許可が必要でした。1時間内の散歩なら書類を書かずに看護師さんに声をかけて外出しました。

入院1日目(手術前日)

入院の時間を指定(14:30〜15:00)されていたため、14:30ごろ病院に着きました。着くと、書類を渡しその後看護師さんより自分の病室に案内されました。荷物は一旦置いて、病院の中を案内して頂きました。

この日の検査は尿検査心電図検査(5分くらい)でした。また、麻酔医より麻酔の説明を受けました。麻酔の内容は以下のカッコ内に記します。

<腰椎麻酔について>
麻酔薬を背中から注射して、痛みを感じなくさせる麻酔です。普通は横向きに寝て行いますが、当院では座った状態で行うサドルブロックという方法を用いています。乗馬をする人の馬の鞍に触れる部分(お尻と内もも)が麻酔にかかるため、このように呼ばれます。座った姿勢の方が必要以上に麻酔が広がらないため安全です。意識はありますが、痛みは感じません。

<麻酔の実施>
ベッドに座った状態で注射するところを消毒した後、エビや猫のように背中を丸めて腰を突き出す姿勢を取ります。そうすると腰骨の間が広がり注射しやすくなります。麻酔は数分で終わりますが、肥満や変形がある方は時間がかかることがあります。麻酔が効いてくると、お尻の辺りがポカポカ暖かく感じたり、正座で痺れた時のような感じがしてきます。数分後、お尻の穴に力が入らなくなったら手術の体位をとります。触られる感覚はありますが、痛みは感じません。手術後数時間で麻酔が切れて感覚が戻り、歩行ができるようになります。術後の痛みは、痛み止めの注射や飲み薬などを状況に応じて使用します。

<麻酔の合併症>
細心の注意を払って行いますが、腰椎麻酔では稀に以下のような合併症が生じることがあります。万が一生じても直ちに対処しますのでご安心下さい。神経損傷:針を刺した時にピリッとするなどの以上感覚が6.3%位の確率で生じることがあります。通常は数日〜2週間くらいで楽になりますが、もっと長い時間をかけて回復する方もいます。しかし、1万件につき1〜5件程度は神経障害を残すことがあると言われています。低血圧:麻酔が効いてくると血管が広がるため、血圧が下がり気分不良を生じることがありますが、体位変換や昇圧剤で速やかに改善します。頭痛:術後の後頭部頭痛が5%くらいの確率で認められますが、安静と点滴などによって通常、数日〜1週間程度で改善します。中には、2〜3週間程度続く方もいらっしゃいます。その他:注射部位からの感染、麻酔薬のアレルギー反応、手術前には予想できない偶発的な事故なども考えられます。

以上が麻酔に関して説明がありました。それでは手術の説明です。以下に記載します。

<診断>痔瘻・単純なもの
ろう管を切除しないと腫張、再発を繰り返すため、根治手術をお勧め致します。

<手術内容>痔瘻根治術(ろう管切開開放術)
肛門機能を温存し、腫張の原因となっているろう管を切除する手術です。手術時間は約10分〜20分位です。傷は溶ける糸で縫いますので、抜糸はありません。縫合は化膿創なので早く治すために一部開いた傷になります。その術後の傷は、坐浴・軟膏治療で治していきます。入院期間は10日〜、その後は週1回の通院で治りきるまでに約2ヵ月かかります。

以上が手術の説明でした。

夕食の後は手術後の夕食まで何も食べたらいけません。夕食後、シャワーを浴びて明日の手術に向けてゆっくり寝ました。

入院2日目(手術当日)

人生初の浣腸

当日の朝7時以降は水分補給は控えないといけませんでした。午前9時より人生初の浣腸です。僕はベットに横になり、パンツ、ズボンを自分でずらし、液体を肛門から注入されました。ボラギノール注入型をしたことがある人は分かると思いますが、チューブを挿入される時、ニュルッとした感覚がします。看護師さんに「液を入れますね~」と言われ液を注入され、すぐに便が出そうになるので急いでトイレへ。トイレしたいのを我慢しながら便器の前で2分程待ちました。2分ほど経ち、便器に座るとお腹が痛くなり、う○こが我慢できない感覚がします。その後、排便し
出たのは下痢みたいにサラサラなものでした。急激にお腹を下すみたいな感覚が1番近いと思います。今朝1回排便していたので僕が想像してた以上には出ませんでした。10分程便座に座って病室に帰り手術の時間まで待機しました。ちなみにこの段階で腕にネームバンドをつけました。手術の日という証明だと思います。明日の朝外すみたいです。

手術室で麻酔を打ちます

看護師さんと部屋から歩いて手術室へ行きました。服装は、短パンTシャツです。初めての手術室に緊張しました(笑)。入ると横の部屋でパンツ、ズボン脱いで下さいと言われタオルで隠しながら手術室へ。お風呂あがりにタオル巻いて隠すイメージです。手術台に座り、膝にタオルケットを被せて待ちます。麻酔お時間がやって来ました。Tシャツをまくり背中に注射を指します 。麻酔の仕方については先ほど長々と書いた通りです。注射の位置はお尻の付け根から10cmくらいの高さの場所です。僕は後ろが見えないので分からないですが、注射針をさして薬を入れると言ってたので、点滴みたいなイメージなのかな?と思いました。採血みたいな感じかな?とりあえず、1分くらいで終わりました。痛みは献血の時よりも痛くないです。少しちくっとする位でした。

注射され1分後麻酔が効いているのかよく分かりません。3分後、腰、おしり、膝がポカポカしてきます。5分後、お尻の穴に力が入らなくなります。これで準備完了みたいです。僕は足首より下はちょっと痺れてるくらいで動きます。さらに、麻酔した後、足を90度に曲げて台におきます。分娩台をイメージして下さい。手術の体位をとるとお尻の毛を刈られましたが、触られてる感覚はあります。触感があるので本当に麻酔が効いているのか不安になりました。

手術開始

手術が始まりました。上半身は動き、もちろん意識もあります。僕が気になった事は匂いです。いや、臭いですね。焦げた臭いみたいな、火葬場の骨を拾う時の臭いが近いのかも知れません。おそらく、皮膚を焼きながら切っていくメスだと僕は推測します。当然麻酔が効いているので、痛みはありません。しかし、 メスを入れてる時でしょうか
お腹が痛かったです。体は痛みに反応してるのかな?と思いました。15分ほどで手術は終わりです。

先生に、この前より痔瘻の枝が伸びてたよ。膿を切った時より進行してたねと言われました。ここで皆さんが1番気になることと言えば、手術中の体位だと思います(笑)脚を開いてひざを曲げて台に乗せます!分娩台みたいな感じ?
イメージ的には、イスに座った状態で90度座席のシートが倒れた感じです!僕はすでに羞恥心もクソもありません(笑)慣れって怖いものですね。

手術後病室へ

手術がおわり、車椅子で病室へ 。点滴2本(止血剤・抗生剤)(痛み止め)を打ちました。約2時間近くかかりました。18時までは起き上がることもできず横になってないといけませんまだ水も飲んだらダメです。麻酔がまだ効いているのでこの時点ではおしり~腰はポカポカして痺れていました。18時になると、トイレに行ってT字帯と当て布、ガーゼを外します。そのままパンツを履くと汚れてしまうので、当て布と生理用ナプキンをパンツの中に仕込みました。分泌物がまだ出るためです。その後、ほぼ1日ぶりのご飯を食べました。5分粥、味噌汁、豆腐、梅干し、お茶、この5点ですね!以下が写真です。

この後、抗生物質痛み止めを貰い飲みました。痛み止めは大体6時間くらい効くみたいです。

入院3日目

午前中は点滴1本(抗生剤・止血剤)打って貰いました。約1時間30分かかりました。この間僕は寝ていました。
午後2時ごろから回診です。僕はベットでお尻を出して医師を待ち、消毒液と軟膏を塗ってもらいます。
その後、先生より昨日の手術の結果を聞きました。2ヶ月前(発症した日)よりか枝が奥に伸びてたみたいです。
さらに、膿も少し膿んでたとか。悪化していたみたいですね。その後、看護師さんより、座浴の説明を受けました。
また、消毒液、塗り薬ももらいました。今回は、患部に注入ではなく塗るだけだそうです。手術翌日から入浴(シャワー)はできます。お尻の傷の部分は流すだけです。ゴシゴシ洗うのはダメ。
座浴って聞いても分からないと思うので一応書いときます!その前に座浴フルセットです!

<座浴とは>

  • 創の血液や分泌物を洗い流し、創部を清潔にすることで感染を防ぐ。
  • 清潔を保つことにより、創を早く綺麗に治す。
  • 温めることにより、血流を良くし創を治りやすくする。
  • 痛みを和らげる。

 

以上のような効果があるみたいです。

僕は正直今は痛くないですが、人によって症状の進行具合。また、治り方の進捗は違いますので個人差があることはご理解下さい。

ちなみに痔瘻って言ってもよく分からない方たくさんいらっしゃると思います。僕が手でお尻の患部を触った感じを絵にして見ました。絵心はありませんが、真心はこめて書きましたので以下に写真を載せたいと思います。

どこを縫ったのか自分でも良く分かりませんが、傷が溝のように開いている状態です。

僕の場合は発覚した時に早く病院に行ったおかげですぐ処置が出来ました。ある女の子に『早く怖がらずに病院に行った方がいいよ!』と言われたのがきっかけです(笑)というか痔って事を女の子に言ったのかい!って突っ込んでくれましたよね?笑

入院4日目〜入院11日目

手術後2日間は点滴を2本打ちましたが、それ以降は、毎日やることは軟膏を自分で塗る、回診で先生に診てもらう、シャワーを浴びる、座浴をするのループをひたすら繰り返しました。ちなみに、排便の時肛門に力を入れると痛いです。また、最初のうちは血がティッシュにつくのはもちろん、垂れたりします。僕は入院8日目くらいから3日間くらいお腹をこわし下痢が続きました。下痢だと、便が傷を伝ってタレてくるので良くないんですよね。このお腹壊した以外に特に変わったことはないので割愛させて頂きます。

入院12日目(退院日)

午前9時に先生にお尻の傷の具合を診てもらいました。退院後は1週間に1度通院をします。この時に看護師さんより退院後やってはいけないこと注意することについて説明がありました。以下に記します。

  • 自転車には乗らない・・・サドルが傷に触れるため純粋に痛いらしいです
  • 重いものは持たない
  • 車、椅子に長時間座る場合は1時間に1回くらい休憩
  • 温泉、銭湯は先生の許可が出るまで禁止

この12日間の支払いが最後にありました。診断書の請求は後日になるみたいです。

12日間で73,010円の支払いでした。僕の場合、痔瘻の中でも単純なものだったので安く済んだのかな?と思います。最後に貰った領収書を以下に貼ります。ちなみに、ご飯は1食 400円くらいの負担でした。

僕は最初に10日間で11万と言われていたので安く収まって良かったと感じました。

初診〜退院〜通院(1回のみ)までかかった費用

  • 4月23日診察料:2,980円 薬代:870円・・・初診
  • 4月25日診察料:6,620円 薬代:510円・・・肛門周囲膿瘍処置代含む
  • 4月23日診察料:   590円 薬代:490円
  • 6月12日~6月23日(12日間):73,010円
  • 通院1回診察料:5,770円・・・診断書(5,400円含む)

合計 ¥90,840円

〜最後に〜

初めての入院、その要因は痔というなんとも面白い体験をしました。痔になった時、特に膿が溜まっていた時は動くだけで悶絶する痛さでしたけどね(笑)本当にいい経験になりました。まさか僕が女性が使用している生理用ナプキンを使う日がくるとは思っていませんでしたけどね。手術から約1ヶ月近くが経とうとしていますが、今だにお世話になっているところです。”女の子の日”は大変だと感じるとともに、女性の方はすごいと身を以て実感しております。僕自身、今となっては痔をネタとして扱っていますが、周りにいる方で痔の方がいる場合は笑わず見守ってやって下さい。本人はおそらく痛みと戦っているはずですよ!冗談で”カンチョー”はやめて下さいね!!

もし、痔の疑いがあるという方は病院に行くことを僕はおすすめします。僕は発症して少し期間をおいて手術しましたが、その間に気付かないところで進行していたので。恥ずかしいという思いはあると思いますが、勇気を持って病院に駆け込みましょう!笑

長い長い文章を読んで頂き本当にありがとうございました。出来る限り僕が体験したことを細かく書いたつもりです。さらに詳細を知りたい方がいましたらtwitterのDMでもメッセージを頂ければと思います。皆さんの貴重なお時間をありがとうございました!!

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です