DAPS(PCN・peepcoin)仮想通貨について緊急考察

スポンサードリンク




〜初めに〜

こんばんは。○すぎくんです。

今回僕が持っているPCN(PeepCoin・のちにDAPSの予定)仮想通貨について緊急考察したいと思います。その理由は、DAPSにリプーとされる予定がなし!になったからです。

今日12時30分ごろ:DAPSおわた‥

何が起こったのか?

2018年6月27日、この題名のような言葉がtwitter上に現れました。僕が気づいたのが午後3時半ごろ。僕はすぐに調べました。とにかくtwitterが一番早いと思ったので公式アカウントへ接続。こんな内容が書いてありました。

簡単に要約します。

これまで述べてきたように、DAPSプロジェクトの運営の透明性は常に重要な問題です。PCNコインのホルダーにとっても運営側にとっても非常に重要な問題です。 Peepcoinの調査の過程で、重大な問題を発見しました。

少数の財布にPCN保有が集中していることです。

私たちの調査では7つの財布総コインの供給量の約11%を占め、現在この財布が機能していることが非常に懸念される事です。DAPSプロジェクトにとって非常に脅威です。価格操作もできることになってしまします。

私たちが依然としてPeepcoinスワップをサポートしていて7つの財布のアドレスを公にブラックリストに載せれば使用不可にできるでしょう。7つの財布のアドレスには200億以上のPeepcoinが含まれていますが、その多くは古い開発者やCoinexchange.ioに属しています。しかし、Coinxchangeは誰がそのコインを保有しているかを明確にすることを拒否しています。したがって、DAPSはスタンドアロンエンティティとしてより安全になると判断しました。

Peepcoinのスワップは不可になりますが、DAPSのビジョンは引き続き制定されます。皆さんのご支援により、このプロジェクトはPeepcoinに拠点を置かなくても繁栄できるという自信があります。 DAPSは独自のメリットを誇り、上記の公表をしましたが私たちが強制した決定のおかげでより健康になります。

以上が重大な内容の要約になります。

暴落…

僕が気づいた午後3時くらいには暴落していました。現在の写真になります。【2018年6月27日20時17分】

MAXで98%の下落までしたと書いておりました。

Twitter上には、PCN爆死、終わったというツイートで溢れております。

みなさんどう思いますか?それでは続きを見ていきましょう。

その後の情報は???

2時間前に公式よりこんなツイートがされております。

すでに記事がなぜか消されておりますので、見れないかと思います。ここに書いてあった事を要約致します。

〜スワッププロセスの変更について〜
前回のアナウンスの後、DAPSコミュニティが求めているものを
DAPSのPeepcoinからのスワップは行いますが、この事態に合わせて調整を行います。
DAPSプロジェクトは終了することなく、計画は進めていきます。
私たちはチームとしてこのプロジェクトに100%取り組んでいます。
今回の最も重要な要素は寡占化している財布(アドレス)の真実をホルダー達に公表する事でした。
優先順位を誤り、突然の発表になってしまったことをお詫び申し上げます。
私たちはPeepcoin保持者へのDAPSのエアドロップを行います。
「Peepcoinウォレット」に保持されている残高は、有効なDAPSスワップアドレスと見なします。
これまでのようにPeepcoinからDAPS へのスワップのプロセスが自動で行われる計画ではなく、手動で行うことにします。
これは、前開発者や不正な方法で所有されているコインをブラックリスト化できることを意味します。
また、発表時 (2018/06/26)以前にPeepcoinを保有していた方は誰でもDAPSを請求できます。
私たちはこの提案をさらに詳細に検討する予定です。
※”保有”とは、ウォレットなのかパートナーシップのある取引所でも大丈夫なのかはまだわかりません。
元々のスワッププロセスは、すべての人に確実にコインを配布することができるものでしたが、
ブラックリスト化システムがうまく機能するのであれば、自動スワップを実施するかもしれません。
公表で寡占化の財布と前開発者が大量のコインを手中に収めていることを発表しました。これについては問題ではないと判断しています。
コミュニティ復活プロジェクトとして、この啓示が私たちのチェーンを分離するために十分であると信じていましたが、
コミュニティはこのことが関心ごとではないと判断しました。
これらのアドレスから、前開発者のアドレスとコインだけがブラックリスト化されます。
私たちも人間であることを理解いただけたらと思います。完璧な決定を常に選択できるわけではありません。プロジェクトの構造や組織については今後もニュースを発表していきます。
DAPS のリーダーシップはアイデア、オプションと選択肢をコミュニティ投票によって提示します。
私たちは心から謝罪すると同時に、あなたのサポートに感謝しています。
以上が表記されていた内容になります。

この報告から推測される事

DAPSプロジェクトはこれからも続いて行くことは分かりました。しかし、みなさんが1番気になることはホールドしているコインの行方だと思います。この内容から推測します。

  • 発表時 (2018/06/26)以前にPeepcoinを保有していた人はエアドロップ対象者である
  • スワップは現状、手動切り替え、可能なら自動切り替えにする
  • 懸念点:取引所に入れていたコインはスワップできるのかわからない
  • 懸念点:発表後売却した人はどうなるのか

以上の点が内容からわかることで、懸念点に関しては公式からの発表を待つ必要がありそうです。

以上、○すぎくんの緊急速報でした。

 

 

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です