【DAPS】~Version Update V1.0.2~(2019/10/17)

スポンサードリンク




皆さんこんにちは!○すぎくん(twitterはこちら)です。
DAPSのウォレットバージョンアップについてです。stakingや同期、送金の問題等のバグが改善されました。以下、翻訳になります。

原文:https://officialdapscoin.com/daps-version-update-v102/

はじめに

このバージョンの更新は、マスターノード ホスティングを使用している方も含めウォレット保有者全員が対象になります。
2019年10月24日以降、V1.0.1のサポートは提供できなくなります。

注意)
すでにDAPSウォレットをお持ちの場合、ウォレットを再インストールしないでください!これを行うと、wallet.datファイルが完全に上書きされる可能性があり、その場合(同じパスワードを使用していても)過去に作成したウォレットはなくなります。
また、ウォレットを定期的にバックアップし、wallet.dat、Mnemonic Recovery Phraseを書き留めて安全に保管してください。

アップグレード手順

はじめに、必ずバックアップを取りましょう!!

1.Setting(設定画面)に移動
2.上部にあるBackup Wallet(バックアップ)をクリック
3.下部にあるMnemonic Recovery Phraseの”Show Phrase”をクリックし24の単語をメモ
4.ウォレットを閉じます
5.2で上書きしたwallet.datファイルを別のファイル、デスクトップ等に保存

DAPSCoinファイルの中にあるwallet.datファイルを検索して下さい。
OSごとの手順は以下の通りです。

windows:Ctrl+Rをクリック、%appdate%を入力
Mac:/ユーザ/個々のユーザ名/ライブラリ/Application/Support/DAPScoin/
Linux:コマンドにて~/.dapscoin

DAPS QTウォレット アップグレード手順

ウォレットを再インストールしないでください!!! これを行うと、全てのコインが失われます。

・dapscoin-qtアプリケーションを、ダウンロードした新しいアプリケーションに置き換えます
・dapscoin-qtウォレットを開始します
・ウォレットが完全に同期したら、ウォレットをすぐにバックアップします

この時点でいくつかのケースが考えられます。

1.ウォレットはチェーンとの再同期を開始する場合があります。
2.ウォレットでは、トランザクションの再スキャンが必要になる場合があります。
3.ウォレットは破損したブロックデータベースを検出し、再同期を必要とします。
4.ウォレットが正常に起動する場合があります。
5.ステーキングを有効(オフにしない)にしている時、ステーキングは自動的に再び有効になる場合があります。これにより、自動再結合が発生する場合があルため、その時は暫くお待ち下さい。トランザクションがstakingを行い成熟する為には、トランザクションが1時間前でなければならないことに注意してください。 ウォレットに「Enabling Staking …」と表示されている場合は、それが実行中を意味しています。

通常のウォレットの起動を含むこれら全ての状況で、ウォレットは処理に時間を要します。

いかなる状況でも、ウォレットを強制的に停止しないでください。これを行うと、より多くの問題が発生する可能性があります。

応答していないように見えるかもしれませんが、ウォレットはおとりを含む全ブロックのトランザクションを実行して、当にあなたの為のものかどうかを判断する必要があります。

0 connectionsの場合

1.”F1″キーを押して、Consoleに移動します。”clearbanned”と入力し、Enterキーを押します。 –これにより、禁止されたものがクリアされ、再びピアに接続できるようになります。
2.接続する為、dapscoin.confの編集を管理者に依頼して下さい。

Missing Masternodes

再スキャンまたは再同期が行われると、マスターノードが消えたように見えることに注意してください。彼らはどこにも行っていません。

ウォレットが作成されたブロックまでまだ同期されていないので、暫くお待ち下さい。

PCバージョン サポート

また、サポートプロセスにいくつかの変更が加えられます。
現在サポートされているオペレーティングシステムは次のとおりです。

  1. Windows 10 64bit
  2. Ubuntu 18.04
  3. Mac OS Mojave

修正内容

1.人々が不正確なBalance(残高)で抱えていた問題を修正しました
2.ブロック生成スピードが速すぎて多くのフォークを作成するバグを修正しました
3.フォーク全体の主要な画像処理を更新しました(これはバランスの計算に役立ちます)

人々が経験している多くの問題は、分岐とブロックが鋳造される速度の増加に関連しています。これにより、フォークでマスターノードが担保される問題、フォークで発生するトランザクション、マスターノードが欠落する問題、及びチェーン自体の全体的な問題が発生しました。

このリリースはそれを修正し、ネットワークを通常の機能に戻すことを目的としています。また、ステーキング最適化エンジンへの変更も含まれており、チェーンの安定性も向上します。

注)このバージョンでステーキングを有効にすると、お客様に代わっていくつかの統合トランザクションを行う必要があります。ステーキングを有効にする時間から、ステーキング自体が実際に有効になるまでの間に長い待機時間があります。これらの待機時間は、ウォレットごとに異なり、5分から数時間までのいずれかです。
※コインコントロールは実装されておりません。統合は自動で行われます

DAPS PoAマイナーに変更は加えられていません。現在のマイナーを引き続き使用して下さい。

ウォレット

Windows_V1.0.2
Mac_V1.0.2
Linux_V1.0.2

コミュニティー

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です