【DAPS】VULTR登録/設定手順

スポンサードリンク




はじめに

DAPSCoinのマスターノードを建てる際に便利なクラウドサーバーについてです。
今回、VULTRでVPSの設定方法について説明していきます。また、公式マスターノード 手順書ではArubaでのクラウドサーバー設定方法も紹介しておりますので、(Aruba登録/設定手順)を参照下さい。個人的にはVULTRの方が簡単に設定できるのかな?と思います。

VULTR登録/設定方法

アカウント設定

右のリンクを開いてアカウント設定をしていきましょう。(https://www.vultr.com

※既にアカウントを作成している方は2の”VPSの設定”へ進んで下さい

リンクを開くと次のような画面が表示されます。

“メールアドレス”と”パスワード”を入力し、”Create account”をクリックしましょう。

入力したメールアドレスに以下のようなメッセージが届きます。

“Verify Your E-mail”をクリックします。

1番最初の画面に戻り、”Sign in”をクリックします(最初の画像の右上黄色丸を参照して下さい)

すると、以下のようなログイン画面が出てきますので、”メールアドレス”と”パスワード”を入力し”Log In”をクリックしましょう。

ログイン後、以下のような画面が表示されます。表示されていない方は、左にある赤丸箇所”Billing”をクリックして下さい。ここではお支払い情報(クレジットカード情報)を入力していきます。例として、下図の右上にカードと住所の図を記載しています。同じ様な要領で入力して下さい。入力に間違いがない事を確認し、最後に”Link Credit Card”をクリックします。

※クレジットカード情報を入力すると、アカウントのProfile情報も同時に更新される様です

VPSの設定

お支払い情報の入力が終わったので、次はVPSサーバーを作成していきます。

左にある赤丸箇所”Products”をクリック。そして、右にある赤丸箇所”+”をクリックします。

以下の様に選択していきます(画像も参照下さい)

・Choose Server →Cloud Compute
・Server Location →Tokyo(どこの国でも大丈夫です)
・Server Type →64 bit OS(Ubuntu(18.04×64))
・Server Size →$5/mo
・Additional Features →IPv6にチェックマークを付けます
・Startup Script →記入しない
・SSH Keys →記入しない
・Server Hostname & Label →DAPS_MN1 (後で見て分かりやすい様に)

“Products”を見ると、先程設定したVPSサーバーが表示されます。

赤四角をクリックして詳細を見てみましょう。

ここで”IPアドレス”と”パスワード”を確認出来ます。

サーバー間違って作ってしまった!!という時は慌てずに!!
下図の緑色丸の所をクリックし、サーバーを削除する事が出来ます。

最後に

上記で説明した分で、VPSサーバーの設定は完了です。最後に取得したIPアドレスとパスワードはマスターノードのセットアップの際に必要になります。
マスターノード 手順書にはここで紹介したものに加えて、PCでの実行方法も説明します。
完成でき次第、投稿します。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です