【DAPS】エアドロップ申請の方向性が決定〜取引所ホルダー向け〜

スポンサードリンク




皆さんこんばんは!○すぎくん○すぎくんのtwitter)です!いよいよDAPS公式より『DAPSエアドロップと交換要約』についての発表がありました。1つ1つの項目を翻訳していきたいと思います。以下、翻訳と解説になります。

要約

  • Bleutrade・・・自動エアドロップ
  • Cryptopia・・・自動エアドロップ
  • TradeOgre・・・メイン申請フォーム+独自の “ハッシュ“を使用
  • C-Patex・・・メイン申請フォーム+独自の “ハッシュ“を使用
  • CryptoHubOnline・・・メイン申請フォーム電子メールの提出
  • BiteBTC・・・メイン申請フォーム電子メール+取引履歴+送金履歴の提出
  • CryptoBridge・・・メイン申請フォーム公開メモキー+取引履歴+送金履歴の提出
  • TradeSatoshi・・・メイン申請フォーム電子メール+取引履歴+送金履歴の提出
  • CoinExchange・・・CoinExchange専用申請フォーム電子メール+取引履歴+送金履歴の提出

申請フォームは2種類ある。(メインの申請フォームとCoinExchange専用申請フォーム)

注意)CoinExchange申請フォームの開始から30日後に、すべての申請フォームへの記入を締め切ります

取引所ごとの詳細

Bleutrade

“Bleutrade”がDAPSトークンをリストアップ(エアドロップ後、取引所で取引できるようになる)し、スナップショットでPCN(Peepcoin)保持者にDAPSトークン自動エアドップを行うことに興奮しています。 “Bleutrade”は私たちのコミュニティのすばらしい友人でした。そして、彼らは一歩踏み出して、私たちと協力して、ユーザーのためにこれを実現させました。 “Bleutrade”のユーザーはまずDAPSトークンの残高を確認しますが、申請フォームが一括して送信されるまで、取引と引き出しは有効になりません。 “Bleutrade”ユーザーのトークン申請は不必要です。(自動でエアドロップするが、申請フォームの一括送信まで、残高を確認する作業があるので、取引、送金は有効になっていません。)

“Bleutrade”は、必要な契約や個人的な連絡など、様々なレベルでDAPS運営と協力しています。” Bleutrade”の対応に深く感謝しています。

Cryptopia

CryptopiaはスナップショットでPCN(Peepcoin)保持者にDAPSトークンを自動エアドップし、DAPSトークンもリストアップ(エアドロップ後、取引所で取引できるようになる)します。。彼らはDAPS側の要求に協力することに同意し、コミュニティの利益のために積極的に働いています。クリプトピアのユーザーのトークン申請は不必要です。

TradeOgre

TradeOgreユーザーは、管理者から提供された「ハッシュ」(キー)を使用して簡単に処理されます。 TradeOgreのスナップショットにPCN(Peepcoin)を保有していた場合、独自の「ハッシュ」を含むメールが送信されました。この「ハッシュ」は、選択したERC20ウォレットに適切なDAPSトークンの数を簡単かつ迅速に割り当てるために使用されます。あなたの “ハッシュ”キーを誰にも明らかにしないでください!

TradeOgreはこの旅の最初の本当のパートナーでした。思い出と私たちのプロジェクトとの長期的な協力のためにTradeOgreに感謝します。  ERC20トークンを有効にすると、DAPSが戻ってくることを願っています!

C-Patex

C-Patexは、ユーザがDAPSトークンを簡単に要求できるように独自の「ハッシュ」を提供します。この「ハッシュ」は、アカウントの所有者として自分自身を識別するために使用されます。これは、適切なDAPSトークン量を簡単に割り当てるために使用されます。あなたの “ハッシュ”を誰にも明らかにしないでください。私たちは”ZENDESKチケット”であなたに連絡します!

CryptoHubOnline

CryptoHubOnlineユーザーは簡単に処理されます。 CryptoHubユーザーは、交換に使用されたEメールこのメールの証拠を提供する必要があります。次に、この情報を使用してスナップショットの残高を確認し、DAPSトークンを割り当てます。

BiteBTC

手作業による処理が必要で、アカウントの電子メールPCN(Peepcoin)の残高を画像で証明します。

CryptoBridge

手動で処理する必要があるユーザーは、PUBLIC MEMO KEY」(設定 – >アカウント – >ビューキー – >メモキーにあります)とPCN(Peepcoin)残高を画像で証明します。

TradeSatoshi

手作業による処理が必要で、アカウントの電子メールPCN(Peepcoin)の残高を画像で証明します。

CoinExchange

手作業による処理が必要で、アカウントの電子メールPCN(Peepcoin)の残高を画像で証明します。 CoinExchangeは、CoinExchange上の大量のユーザーのために、より合理化された処理を可能にするために、別の交換フォームを使用します。

あなたがCEに在籍していれば、忍耐を奨励します! CEがメイン申請フォームに含まれていない理由の詳細については、下記の関連記事をご覧下さい。

関連記事

交換処理以降について

バッチ処理(一括処理)

個人財布クレーム、Bleutrade、およびCryptopiaユーザーは、トークンの第1バッチに含まれます。 自分の個人的な財布の申請を間違えたユーザーは、第1バッチには含まれません。 可能な限り多くの申請を第1バッチに含めるようにします。

BleutradeとCryptopia

1回目のバッチが送信される前に、BleutradeとCryptopia(確認する)は、ユーザーのアカウントにDAPSトークン残高を表示します。これらのトークンは交換可能ではなく、ユーザーはエアドップが始まるまでそれらのトークンを動かすことはできません。 個人の財布(ウォレット) + 取引所保有者の申請の第1バッチが送信されると、取引と引き出しを承認します。

BleutradeとCryptopiaのブラックリストは、ブラックリストに載っているアドレスが除外され、トークンを受け取らないように、彼らの主張と合致されました。私たちは、DAPSトークンを配布しているプラ​​ットフォームを必要とし、Airdropプロセスにおける完全性を保証する契約に署名する必要がありました。

BleutradeまたはCryptopiaの自動エアドロップに関する問題が表示された場合は、正式なサポートシステムを介してサポートに連絡し、TwitterではなくTelegramまたはDiscord経由で私たちのチーム(mods / admins)に知らせて下さい。

TradeOgreとC-Patex

ユーザーにDAPSトークンの請求を容易にするための「キー」または「ハッシュ」を提供しており、第1バッチプロセスに含まれる可能性が高いです。。何らかの理由で誰かにあなたの「ハッシュ」または「キー」を明らかにしないでください。あなたの申請についてZENDESKを通してあなたに連絡します。

CoinExchange

CoinExchangeユーザーは、取引所に保有していた方向けのメイン申請フォームには含まれないため、最初のバッチには含まれません。 CoinExchangeは別の請求フォームがあります。

CE請求は、取引所に保有していた方向けのメイン申請フォームの後に処理されます。 CoinExchange申請フォームは、取引所に保有していた方向けのメイン申請フォームの数日後にリリースされるため、ユーザーは2つの申請をしないで下さい

CE申請フォームを分離してこのように扱うことで、大部分のトークンをより効率的に配布することができます。我々は、CE申請フォームが大量にくることを予想しているので、あなたがあなたのコインをそこに持っていたら、辛抱強くお待ちください。

申請期日

CoinExchangeクレームフォームを開始した後、ユーザーはスナップショットの時点で残高を保持しているすべてのウォレットアドレスを請求するのに30日間有効にします。 それ以降の期日(30日間)を過ぎると無効になります。私たちは現在のすべての個人ウォレットの請求者に対して、確認と事前承認された残高に関する事項の更新通知電子メールを送信する方法に取り組んでいます。問題または間違いがある場合は、ZENDESKチケットに返信する必要があります。これらの問題を検出し修正することができます。 EXCHANGEクレーム処理中に、同様のメールがユーザーに送信されます。 1回目のバッチが完了した時点で、ユーザーはミスを修正して申請を修正する期間(30日)をユーザーに与えます

第1バッチ以降のすべてのトークン分散バッチは、処理されるとスケジュールされ、通知されます。必要な時間にかかわらず、すべての申請が処理されることを保証します。

DAPSボーナストークン付与について

100,000DAPSトークンボーナスは、エアドップ申請方法(申請過程)には含まれません。

重複したボーナス配分を避けるために承認されたDAPSトークン申請者の包括的なリストがあると、エアドロップの後にボーナスを分離して処理する必要があります。 100,000のDAPSトークンボーナスは、100,000PCN以下の場合にユーザーの残高と一致します。 50,000のPeepcoinのみを要求するユーザーは、50,000のDAPSトークンと50,000のDAPSトークンボーナスを取得します。これは保有量によって公正にするためです。(50,000PCNが100,000PCN貰えるかどうかの境目になるのかな?と思います)

エアドロップ後について

エアドロッププロセスを終わらせると、私たちは全面的な重点とリソースを製品開発にシフトし、新しい取引リストを含むより多くのパートナーシップを獲得します。 DAPSメインネットを開発する際に、強く持続可能で長期的な生態系を構築することが最優先です。私たちは、DAPSの潜在能力を最大限に引き出すための基礎を築きたいと考えています。

このプロセス中に私たちに忍耐強くお礼を申し上げます。私たちは、エアードロッププロセスが可能な限り迅速かつスムーズに実行されるように努めています

〜最後に〜

それぞれの取引所における申請方法について確認出来たでしょうか?今回、直訳が多かったのでよく分からないところもあったかもしれません。すみません。要点は2つ1つ目は、自動エアドロップ手動で申請が必要か。申請は2種類あって、メイン申請フォームCoinExchange専用の申請フォームがあること。2つ目は、期日があること。CoinExchangeの申請後30日以内に、申請をすること。そして、1回目のバッジが送られて、修正があった場合は30日以内に修正の連絡をすること。この2つになります。申請フォームに関しては、後日発表になります。それを待ちましょう!また動きがあったら、書こうと思います。

スポンサードリンク




2 件のコメント

  • こんばんは、はじめまして 突然のコメントすいません。
    私、タカタケと申します。
    現在コインエクスチェンジにてpeepcoinを保有しております。DAPSコインエアドロップ申請は現段階では不可能とゆうことですか?9月9日が申請期日とゆうことで、不安なのです。ご存じでしたらお教えいただけないでしょうか?夜分遅くに申し訳ございません、ご不便お掛け存じますが宜しくお願い致します

    • 返信が遅くなりました。すみません。
      DAPSコインエアドロップの申請は9月9日までになります。
      エアドロップの申請対象者は6月27日UTC2:00(日本時間:11:00)にPCN(Peep coin)を保有していた方になります。
      タカタケさんが上記の日にPCN通貨を保有していたなら申請する必要があります。
      申請については、僕のブログを参考にして頂ければ。分からない点がある場合はお気軽に僕にDMをして頂ければすぐ対応します!
      Discord:○すぎくん#0200
      twitter:@marusugikun222

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です