【DAPS】申請についてお知らせ〜CoinExchangeホルダー向け〜

スポンサードリンク




皆さんこんばんは!○すぎくん○すぎくんのtwitter)です!今回、DAPSの申請に関してDAPS公式よりTwitterで発表がありました。この内容はCoinExchangeにPCN(PeepCoin)を保有していた方向けになります。ざっくりとした内容は、手動でのスワップ申請が必要になりました。後日、その方法に関しては詳細を公開します。というものです。それでは以下今回の記事を解読していきましょう。

CoinExchangeとDAPS Airdropに関する重要なお知らせ

手動スワップになった背景

数週間前、CoinExchange(以下CE(略))が私たちに連絡を取り、彼らがDAPSトークンをDAPS保有者(PCN保有者)に対して自動スワップを手伝いますと言ってきました。この提案はDAPS保有者に対して親切な行動なので、CEが協力してくれることに感謝しました。しかし、DAPS運営は、自動エアドップを実現するための交渉を続ける前に、非常に単純な2つの事項がありました。

  1. CEエアドップがCEによって正しく実行されなかった場合、DAPSトークンがスナップショットのPeepcoin保有者に割り当てられ、DAPSが法的責任から解放されることを保証するサービス契約を締結する。
  2. オーストラリア法により法的に要求されているように、ABN番号および/またはACN番号開示することを明記する

オーストラリアの交換サービスにはライセンスが必要なります。 詳細はこちら👈英語です!

オーストラリアの企業は、ABNの書面による同意書ここに記載する必要があります。

自動スワップにDAPSトークンを割り当てている(PCN→DAPSへの変換のこと)他の取引所は、サービス契約に署名しています。しかし、CoinExchangeに対して署名をしていないことを確認し、確認できる代表者と直接掛け合っています。

CEとの手を組むことに関して、一部のコミュニティメンバーは懸念を表明していました。しかし、私たちはCEと協力して自動スワップを行う方法を検討し、その方向性で動いていました。その理由としては、自動スワップによってPCN保有者が本人であること、また、トークンを自動で割り当てることで申請の時間を節約することができるからです。

残念ながら、CEは、契約書に署名することを拒否し、ビジネスIDを開示し、私たちとのエアードロップ交渉を停滞させることによって過去の行動(ユーザーのコインを賭けてそれから利益を得る👈の件に関して、下にDAPS公式が以前にツイートしたものを貼ります)と現在の行動を考慮しても、PCN保有者のDAPSトークンを危険にさらすことはできません。 CEでの自動スワップに対して私たちDAPS運営としては、現時点で署名している契約については信用できません。

この結果、2018年6月27日にUTCの02:00(日本時間2018年6月27日午前11時)にPeepcoinを保有していた人々、またはPeepcoinブロック1120535に保有していた方は手動で処理する必要があります CoinExchangeユーザーは、6000人〜9000人の請求者を想定しているため、別のDAPS請求フォームを使用する必要があります。 スナップショットでPeepcoin(PCN)を保有していたCoinExchangeユーザーは、EMAIL + TRADE LOG(取引履歴) + TRANSACTION LOG(送金履歴)にスクリーンショットを提供する完全な手動確認プロセスを実行する必要があります。

DAPS公式からはCEとの交渉が完結する前にCoinExchangeの協力を発表することはありませんでした。しかし、DAPS運営側の事前の承認や許可なく、彼ら(CE)のウェブサイト上で私たち(DAPS)のウェブサイトを表示し、コミュニティメンバーの間でパニックを引き起こしました。 私たちは、CoinExchangeの不本意な行為について、上場交渉を漏らし、最終決定前に私たちを交換所に公開し、7月17日に公表された公式声明を強制しました。DAPS公式で公開した記事(7月17日)

私たちのトークンとコミュニティの安全が最優先です。 私たちのチームは、余分な時間がかかるにもかかわらず、CEのすべての請求者が適切に処理されるようにします。 あなたがCoinExchangeにPeepCoin(PCN)を保持している場合は、しばらくお待ちください。

ご支援いただきありがとうございます。

〜最後に〜

上記の内容の通りです。CoinExchangeにPeepCoin(PCN)を保持している方は申請方法の公開をお待ち下さい。全体的なDAPS運営の動きとして、DAPS通貨を大切に扱い、DAPSユーザに対しても誠意を持って取り組んでいることが非常に伝わってきますね。このような信頼感が必要だと思いますし、応援したくなるのではないでしょうか。EMAIL + TRADE LOG (取引履歴)+ TRANSACTION LOG(送金履歴)スクリーンショットを提供する必要があるとの事でした。僕が以前作成した記事を以下に貼っておきます。おそらく、この申請のための3つの作業で少しでも役立てば嬉しいです。今後、動きがあると思うので、その都度書いていきたいと思います。またお会いしましょう!

関連記事
スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です