DAPSからのお知らせ+α(2018/10/06)

スポンサードリンク




皆さんこんにちは!○すぎくん○すぎくんのtwitter)です!投稿が予定より遅くなりました。申し訳ございません。今回のお知らせは以下のツイートの内容(開発について、取引所に上場、第2エアドロップについて)です。Telegramでの情報も補足出来るところはしながら説明していきたいと思います。それでは以下、翻訳、説明していきます。

DAPSコインの開発について

DAPSコイン・メインネットは、フルタイムで開発されています。これには、メインネットで作業する開発者や設計者、ブロックエクスプローラとウォレット機能の開発者が含まれます。

開発チーム内で採用された方法は、メインネットが構築されている間、アウトリーチ、マーケティング、請求処理、及びその他の作業に集中する能力を提供します。 DAPSコインメインネットは2019年第2四半期(2019年6月頃まで)に導入予定であり、今後の進捗状況や今後の予定についてのプレビュー情報を提供していきます。

以下では、現在の段階での開発について説明します。

現在のフェーズの主な目的

  • Proof-Of-Auditの完了(ブロックチェーンによる監査)
  • Proof of Stake 統合
  • マルチマスターネットを含むマスターノード
  • See-Sawブロック報酬
  • ステルスアドレス
  • 機能ブロックエクスプローラ・・・ブロックチェーンの状態や排出量を確認することができる
  • ベータ版TestNetをクローズ

PoAとPoSを基本機能としてテストします。これにより、このようなユニークなハッシュアルゴリズムとコンセンサス構造がどのような問題になるかをより現実的に理解できます。一度完成すればさらに高度なプライバシー機能に移行します。

現在の段階では、ストレステスト、セキュリティ、侵入テスト、サービス拒否攻撃テスト用の専用テストネットを立ち上げ、ネットワークを「現場で」破壊しようとしています。

次の段階では、次の項目に焦点を当てます。

  • RingCT
  • Tor接続性
  • OBFS4の実装
  • 公開TestNetアクセスアプリケーションプロセスを開始
  • 承認済み申請者へのオープンベータTestNetのリリース

オープンベータTestNetリリースに加えて、発見された問題のネットと重大度に関連する問題を見つけた人にバグの奨励金が提供されます。

TestNetのテストが成功した後、複数の第三者機関によってコードが検証され、認証されるように、さらなるフェーズを実施します。これにより、現在および将来の投資家の開発プロセスとコードベースに対する信頼度が高まります。

認定が与えられ、第三者機関によって特定された最後の残りの問題が解決され、再承認された後、メインネットが立ち上げられます。

メインネットの立ち上げ後、私たちは財布に新しくてエキサイティングな機能を追加するために、開発のさらなるフェーズを検討します。

現在、開発チームは以下から構成されています。

  • UXデザイナー
  • フロントエンド開発者
  • バックエンド開発者
  • 技術プロジェクトマネージャー
  • ソリューションアーキテクト

私たちはDAPSコインを構築する素晴らしい旅を楽しみにしています。

関連記事

取引所上場について

Airdropのプロセスが終了し、私たちは地域社会のための市場を構築し、積極的にブランドを広げることになるので、私たちは取引所リストを拡大し始めました。以前のアップデートで述べたように、為替リストは、新しいコミュニティに自分を紹介し、投資家のための真の進歩を示す最善の方法のいくつかです。

私たちのプロジェクトでは、この作業でどのように成功するかを学びました。私たちは多くのエキサイティングなブレークスルーを発表しました。私たちは、リストアップして積極的に取り組んでいる取引のリストを持っています。私たちは現在のパートナーとなるパートナーを深く尊重しているので、交渉を確定する前に詳細については話しません。

新取引所上場

①CREX24

まず初めに、私たちが以前にTwitterで発表したCrex24。 Crexは現代的で安定した専門家であり、健全な規模のコミュニティに役立っています。 Crexのような中規模の取引所は、市場を分散させ分散させるため、壮大な計画に参入することができます。

②STEX

次に、STEX(Stocks.Exchange)の上場を確保しました。

Stocks.Exchangeは最近、ウェブサイトのブランドを変え、新しい開発構想を開始した。 STEXは使いやすく、ユーザーはコミュニティに積極的に関わっている敬意を表します。

最後に、このセクションに含める特別なニュースがあります。それは私たちにとって長い旅路でした。私たちは、私たちがプロジェクトに取り入れ、コミュニティを構築してきたことを常に誇りに思ってきました。この勤勉は深刻な方法で恩返しし始めました。

③MERCATOX

これまでにDAPSと提携してきた最大の取引所を発表することに興奮しています!

DAPSトークンは、まもなくMercatoxに上場されます。これは、高品質なサービスで高い評価を得ている世界的に有名な伝統的な取引所です。 Mercatoxは、今日見られる繁栄している近代的な交換生態系の先駆者の1人であり、市場に参入することは非常に光栄です。

また、現時点では、他の取引所に上場することができると思われる依頼を出しています。これにはトップ取引所が1つ含まれます。この段階ではERC20トークンであるため、特定のドキュメントを処理する前に特定の市場に限定されています。新しいマーケットやリスティングについては、引き続き最新情報を提供していきます。

私たちの現在のすべてのパートナー、そして将来私たちが持つ全てのものに感謝します!なぜあなたは暗号化が非常に優れているのですか?結局のところ、市場のない私たちの誰もここにいないでしょう。

公平で、正直で、専門的な交流は大切にしなければなりません。私たちはこのように私たちと一緒に働くパートナーを喜んで宣伝します。

その間、私たちはより多くのサービスに普及するため、信頼できるパートナーBleutradeが新しいロゴを公開し、ブランド変更プロセスを開始しました。 これはBleutradeとDAPSにとってはエキサイティングな時期ですが、私たちは一貫して彼らの取引所で第1位の市場です。

Bleutradeおめでとうございます。あなたはトップの取引所になることを目指してあなたと一緒に成長することを楽しみにしています!

今日Bleutradeに参加し、大きな変化の準備をしてください!

取引所へのリンク

現時点で判明している取引所7つ(上場予定を含む)を以下リストアップします。クリックで取引所へページ移行します。

  1. Cryptopia
  2. Bleutrade
  3. ForkDelta
  4. EtherDelta
  5. CREX24
  6. STEX
  7. MERCATOX

 

第2エアドロップの日程と処理の詳細

第2エアドロップ申請処理はフルタイム(1日中)で処理されていますが、これは取引ログからすべての残高を手動で計算するのに時間がかかります。弊社からの合計残高と財布の住所(アドレス)を確認して、あなたのメールに注意してください。 DAPSの第2バッチには、問題の主張も含まれています。

このバッチですべての申し立てが完了することを期待しています。

第2エアドロップ日時(予定):2018年10月31日(日本時間:2018年11月1日?)

サポート

毎日何度も同じ質問を投げかけないで下さい。ユーザーのための技術サポートに集中するのに時間がかかるためです。

重要な更新プログラムをすべて更新プログラムのチャンネルに送ります👉https://t.me/DAPSUpdates

より多くの情報を提出する必要があると感じたら、Zendeskチケットに返信してください。私たちのチャンネルの作成者はこれを手助けすることはできません。

あなたの電子メールをチェックして、さらに詳しい情報が必要な場合はZendeskチケットに返信してください!

ブロックチェーンフェスティバルinニューヨーク

私たちの共同設立者のAdel de Meyer(アデルさん)は先週ニューヨークで、SAPからの招待を受けて、国連総会中のSDGブロックチェインフェスティバルで講演を行いました。

SDGsとEntrepreneurial / Economic EmpowermentのためのBlockchainの女性は議論のテーマでした。 ブロックチェーン技術が国連持続可能な開発目標にどのように貢献して、2030年までに貧困を解消し、地球を保護し、すべての人々の繁栄を確実にするかを探る。

アデルさんはプライバシーの話題について議論し、誰もが「プライバシーを選択する自由が人権であること」がいかに重要であるかについて話し合いました。

彼女はまた、女性としてのブロックチェーン業界でのビジネスの構築と、暗号化の採用、政府の法律、そして世界中の誰もがデジタル通貨を利用できるようにするために直面している重要な課題の将来について見解を共有しました 。

イベントのビデオ資料はすぐに利用可能になり、私たちは皆さんと共有します。

SAP(SAP NextGen)とは・・・持続可能な発展のための17の国連グローバル目標へのSAPのコミットメントを支援する目的で革新を推進するSAPレオナルドの革新コミュニティ
SAPのTwitterはこちら

CoinMarketCapにリストアップ

私たちのトークンはCoinMarketCapを取得する資格がありました。

私たちのランク、量、現在の循環供給量を確認するためにそれをチェックしてください。 最終的な循環供給は、第2エアドロップが完了した時に分かります。

StockTwits

StockTwitsでDAPSと繋がりましょう!

StockTwitsは、登録者数が100万人を超え、毎月数百万人の訪問者を抱える投資家やトレーダーにとって最大のソーシャルネットワークです。

StockTwitsは、キャッシュ・タグ(例:$ AAPL)を使って、最初にTwitterプラットフォーム上に構築されたシンプルなアプリとして始まりましたが、トレーダー、投資家、メディア、公開企業、そして独自のソーシャルネットワークに成長しました。 投資専門家。

「ソーシャルファイナンス」の決定的な声として、StockTwitsは、あなたが気に入っている市場や株式で今起こっていることを知る最善の方法であり、次世代の投資家のための金融メディアを再考しています。

DAPSトークンのデータ・ポートフォリオを把握

私たちは今、トップの暗号ポートフォリオ管理アプリケーションのほとんどに登場することに興奮しています。 その中には次のものがあります:

DAPSホルダーへのサポートについて

DAPSチームはDiscordにお問い合わせいただきありがとうございます。また、DAPSに関連するすべての情報をさまざまなチャンネルで見つけることができます。

Discord

Telegram

ご注意:モデレートを合理化するために、間もなくDiscord and Telegramチャンネルの一部の部屋を整理して整理します。

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございます。ほぼ直訳(翻訳)になってしまいました。取引所への上場も少しずつ増えていきます。皆さんが気になることはいくつかあると思います。例えば、開発は進んでいるのか、取引所への上場数、価格、エアドロップは確実にされるのかなどなど。

エアドロップの申請ができていなかった方、期日を知らなかった方多くいらっしゃいます。こちらに関して、僕も残念でたまりません。エアドロップが完了した後、総供給量は想定していた500億DAPSトークンよりも減ると思われます。また、ボーナストークン(MAX10万DAPSトークン)に関してはホルダーの方から賛否両論意見を頂いており、運営側でも話し合っているところです。

開発に関していえば、もう1つ。この記事の最初の方に記載してありました進捗状況に加え、その一例として言えば、マスターノード実装の検証も実際に行っています。

ここ最近、個人的に忙しくすぐに返信ができない事が多々あります。出来る限り早く連絡できるよう、また、最新情報を速く提供できるように取り組んでいきたいと思います。困ったときはDiscordでもTelegramでもTwitterでもいいのでDMを下さい。

今後とも宜しくお願いします。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です