DAPSからのお知らせ(2019/9/12)

スポンサードリンク




皆さんこんにちは!○すぎくん(○すぎくんのtwitter)です!

今回の内容はDAPSCoinメインネット稼働、Cryptopiaの対応についてです。

原文:https://officialdapscoin.com/daps-mainnet-and-cryptopia-update/

DAPSメインネット・Cryptopiaアップデート

DAPSはメインネットへの移行期間を2019年9月30日から60日間行う事を決定しました。

メインネットへの移行に伴う問題は、DAPSコミュニティの多くの方がCryptopiaウォレットにDAPSトークンを保有していることです。

多くの人が知っているように、クリプトピアは現在清算中です。

グラント・ソーントン・ニュージーランド(https://www.grantthornton.co.nz/)がクリプトピアの清算人に任命されました。

現在、Grant Thornton New Zealandは、Cryptopia Exchangeのユーザーに属する大量のDAPSトークンを管理しています。 これらのトークンは、メインネットに移行する必要があります。

私たちは最近、Grant Thorntonからの電子メールへの返信を受け取りました。彼らは、メインネットの移行に協力しても構わないと言っています。 彼らの技術チームは、間もなくDAPS技術チームと連絡を取ります。

Cryptopiaの清算の影響を受けるDAPSTokenホルダー

私たちは弁護士と連絡を取り合っており、次のことについてアドバイスしてくれました。

DAPSは、Cryptopiaのウォレットに保持されているDAPSトークンに対して一切責任を負いません。 Grant Thornton New Zealandが移行に失敗した場合、完全に責任を問われます。

Grant Thornton New Zealandは、Cryptopiaのウォレットに保存されているDAPSトークンを管理する法人です。 DAPSトークンの受託者と見なされる可能性があります。

Grant Thorntonの保護下にあるDAPSトークンの受益者の最善の利益のために行動することは、Grant Thorntonの法的義務です。従って、DAPSトークンのメインネットへの移行を行うことはGrant Thorntonの義務になります。そうしないと、受託者義務違反の精査の対象となる場合があります。 Grant Thorntonは、DAPSトークンのメインネットへの移行に協力する予定です。

メインネットへの移行

メインネットへの移行は、2019年9月30日から60日間のみ有効になります。期間内に移行されなかったDAPSトークンは、後の段階(61日目以降)で移行できません。

Grant Thorntonが移行期間を逃した場合はどうなりますか?

Grant Thorntonが現在保管しているDAPSトークンのメインネットへの移行を完了できない場合、トークンをメインネットに移行する機会は今後ありません。 CryptopiaウォレットにDAPSトークンを保有している個人は、最終的には非メインネットトークンを受け取る場合と受け取らない場合があります。

メインネットの移行に関する詳細情報はどこで入手できますか?

マニュアルと推奨される移行プロセスは下記のリンクより。

https://officialdapscoin.com/daps-token-to-coin-transition-process/(英語)
http://marusugikun222norippi.com/dapskaranonews20190901/(日本語)

Stex Exchange は自動移行をサポートします。

メインネットの移行プロセスは、2019年9月30日に開始されます。

法的質問

法律に関する質問には、弁護士のアジャイルリーガルコンサルティングが回答します。 彼らのウェブサイトはhttps://www.agilelegal.com.au/にあります。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です