DAPSからのお知らせ(2019/1/14)

スポンサードリンク




皆さんこんにちは!○すぎくん(○すぎくんのtwitter)です!DAPSからのお知らせになります。内容はSNODEとパートナーシップを提携したというものです。

Snode Masternode Service とパートナーシップ提携

本文の翻訳

Posted by captaindaper9000 on January 14, 2019

DAPS独自ブロックチェーンが開始後、Snodeと提携してshared(共有)/ dedicated(専用)/ instant(瞬時に)/及びマスターノードのホスティングと自動再投資をDAPSコミュニティにもたらしたことをお知らせします。

Snodeは最も古い共有マスターノードプラットフォームの1つです。 2017年12月に設立され、2018年3月に一般に公開されたSnodeは、暗号分野で最初の共有マスターノードサービスプロバイダの1つになりました。

Snodeのマスターノードソリューションはマスターノードの単独所有者になることを容易にします(一連の難しい設定、特にマスターノードの設定に慣れていない投資家向け)。技術的な複雑さに加えて、マスターノードの運用には高額な起動費用が必要であり、これにより、小さな資本を持つ投資家の大多数は参入が困難になります。 Snode共有マスターノードを使用することで大多数の投資家が参入しやすくなります。

Snodeの熱心なチームは興味を持っているがプロセスに含まれる技術と資本要件のために落胆している投資家の間のギャップを埋めるために重い努力をしています。 Snodeプラットフォームは、ダッシュボードビュー/自動通知Eメールシステムを通じて、投資に必要なすべての情報を総合的に投資家に提供します。彼らのネイティブコイン – SnodeCoin(SND)は、メンテナンス料金の主な支払いとして統合されています。

実用的な製品とロードマップの取り組みにより、Snodeはコミュニティからの信頼を築いてきて、マスターノード市場で有名になりました。 Snodeコミュニティは1万人の会員を獲得し、毎日300万ドル以上のコインを預け、毎日2.5万ドル相当の報酬を支払い成長し続けています。

DAPSはSnodeと提携して誇りに思っています。これらのサービスは、暗号通貨ネットワークが競合するハッシュと、ユーザーがネットワークを簡単にサポートするための健全なエコシステムを確実に持つ上で重要な機能を持っていると考えています。

Snodeチームはtestnetに参加するので、mainnetが展開されるまでに彼らはDAPSネットワークに精通することができます。 mainnetが起動されるとすぐに、SnodeはDAPSマスターノードのホスティングを容易にする準備ができています。

https://twitter.com/DAPScoin/status/1084652774715908101

コミュニティー・アクセス

《SNODE》
・ウェブサイト
Discord
Twitter

《DAPS》
ウェブサイト
Discord(Official)
Discord(Japanese)
Telegram(Official)
Telegram(Japanese)

最後に

本文は直訳が多めになりましたがご了承下さい。メインネット稼働の予定は2019年第二四半期と以前からお伝えしていました。順調に開発は進んでおり、もうすぐテストネットが始動します。メインネットもほんの少しですが、時期が早まりそうです。

今後の動きにも注目して欲しいと思います。これからも宜しくお願い致します!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です