【DAPS】プライバシーが重要な6つの理由(著者Freud/DAPSチーム)

スポンサードリンク




皆さんこんにちは!○すぎくん(○すぎくんのtwitter)です!
今回の内容はDAPSチーム(管理者)による意見書になります。この取組みの目的は、様々な意見(コミュニティー構築・通貨の機能について知識共有・プライバシーとは…etc)をDAPSホルダーの方々と共有し理解を深め、学んでいこうというものです。

さて、このブログではプライバシーが重要な6つの理由を見ていきます。 これは、DAPSチームのFreud(モデレーター/管理者)によって書かれています。表明された見解は彼自身のものであり、必ずしもDAPSチームまたはプロジェクト全体の見解ではありません。それでは、紹介していきます。

原文:https://officialdapscoin.com/6-reasons-why-privacy-matters/

プライバシーが重要な6つの理由

1.セカンドチャンス

信用機関、企業、信用格付け機関、及び政府は、1回限りの評価を通じてあなたの人生を根本的に変えることができますが、積極的な責任を負うことはできません。借金をしている多くの人々は、不利な状況によってこれになっただけではありません。だからこそ、彼らは二度目のチャンスを得るべきです。そして、たとえ借金が彼らの意図であったとしても、私たちは皆、間違いを犯し、同時にそれらに対してしばしば責任を負います。

2.自由な決定

私が最初にCBD(大麻工場からの法的物質)を購入したとき、取引は私の銀行によって拒否されました。 私に連絡した後のみ、プロバイダーはアクティベートされました。 私たちは皆、理由があることをします。 これらのことが他の人間の命を危険にさらさない限り、私たちはこれらの決定を自由に行うことができます。 完全なプライバシーがなければ、出生時および自国で実際に与えられたものを取り戻すことはできません。それは、全ての権利を管理する「基本法」の最上位にあります。

CBD…カンナビジオールの略。大麻植物に含まれる成分の一つ。医療用大麻で使用されている。

3.乱用の軽減

Paypalはあなたのデータを800以上の組織と共有します。Facebookは40億人以上のメンバーを持ち”Cambridge Analytica”などの機関にデータへのアクセスを提供します。銀行は、特別な場合または疑いがある場合に、税務署および法執行機関と取引を共有する義務があります(疑いとして解釈される場合、疑いは何でもかまいません)。

データの管理不能な共有とハッカーの本当の危険性の両方が、データに何が起こっているかについての絶対的な概要を提供することは決してありません。 データの悪用方法は、手遅れになって初めて明らかになります。

・SIMハイジャック…ハッカーは、Coinbaseのように携帯電話でウォレットから盗むことができます。
・ソーシャルメディアハッキング…噂、虚偽の事実、またはその他のことを共有して、あなたを脅迫することができます。
・Doxing…あなたのデータ(アカウントの詳細、アドレス等)は、ブラックメールを通じて身体的、精神的、または財政的にあなたを傷つけるために共有されます。

Cambridge Analytic…選挙コンサル会社だったが、フェイスブックの個人情報流出問題で情報の不正取得が疑われ、顧客離れが止まらず、2018年5月2日に破産。

4.思想と言論の自由

「思考犯罪は死に至らない、思考犯罪は死である。他の全てを含めて、ホイールにペンを置いたことがないのに、重罪を犯しました。彼らはそれを呼び出したと思った」※ジョージ・オーウェル/1984

プライバシーはDAPSの権利であり、特権ではありません。人間として、私たちは自分の考えや発言を決定する権利を持っています。それができないと感じると、創造性と不人気な意見を表明する勇気を失います。しかし、紛争を解決し、コンセンサスを見つけ、個人または社会として発展するために必要なのは、まさにこれらです。

5.信頼の作成

私が信頼していた同僚が、上司と私について不当にひどく話したと私に言ったとき、信頼はなくなりました。 彼は謝罪したが、私はもはや信頼に基づいて彼との関係を続けることができなかった。 私たち人間は、他人を信頼できるかどうかを、多かれ少なかれよく判断できます。 誰かが私たちに忠実で、友好的で、助けになるとき、私たちは彼が泥棒で、裏切りで、悪意があるときよりも彼をより信頼できると考えます。 データを所有している人を信頼するかどうか疑問に思ったことはありませんか? 彼らはあなたに害を及ぼさない方法でデータを扱うと思いますか、それとも彼らはあなたの可能性のある害に関係なくデータを彼らの利益のために使用すると思いますか?

6.プライバシーの力

6.プライバシーは力
3で既に述べたように、データを持っている人全員が必ずしもあなたを傷つけようとするわけではありません。 あなたのデータを持っている人なら誰でも、あなたを特定の方向に導くことができます。 売春宿での滞在は、パートナーとの関係を破壊するために使用できます。 債権者からお金を差し控えているため、借金口座を監視する場合、新しい電話を購入することは詐欺報告になります。 銀行が引き出し限度額を制限しているため、現金で支払いたい車を入手できない場合があります。 どうして? 彼らができるので、彼らは理由を必要としません。

そして、間違った人々が権力を握ると、悪意と権力は団結できます。 それから、あなたが自分のお金でしたこと、あなたが合法的で無害だと思ったことは、もはやプライバシーで隠れることはありません。

プライバシーを保護することは、一部の人にとっては必要ありません。
それは多くの人の義務です。

コミュニティ

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です