【仮想通貨】DAPSホワイトペーパー2019翻訳

スポンサードリンク




皆さんこんにちは!○すぎくん(○すぎくんのtwitter)です!今回はホワイトペーパーの翻訳になります。それでは以下紹介していきます。

原文:https://www.slideshare.net/AdeldeMeyer/daps-coin-whitepaper-2019/AdeldeMeyer/daps-coin-whitepaper-2019

前書き

DAPSはセキュリティ、スケーラビリティ、及び総合的なプライバシーを重視した、計画的なプライバシーブロックチェーンです。 DAPSプロトコルの目的は、MoneroとPIVXの両方から派生した最新技術に基づいて、信頼できない仕組みを備えた完全に匿名のステークコイン及び支払いシステムを作成することです。これは暗号通貨初になります。 DAPSチェーン検証及びコンセンサスモデルは、PoSノード(ステーキング及びマスターノード)及びPoAマイナーに基づきます。

どのようにそれをするのでしょうか?私達はある特定のテストされたプロトコルを注意深く選択しました。そしてこれらの機能を一緒に利用することは完全にプライベートなブロックチェーンネットワークを可能にするでしょう。 「信頼の問題」に対する連鎖的な解決策を用いて、私たちはこれまでにあらゆるプロトコルの中で最も完全な匿名パッケージを提供することを計画しています。 「信頼の問題」に対する私達の独自の解決策はProof-of-Audit(監査証明)と呼ばれ、これは私達のプロトコルのキーストーンです。

DAPSの主な目的は、資産を匿名化し、さらなる先例設定技術を開発するための基盤を保護することです。 プライバシーは権利であり特権ではありません。

このホワイトペーパーの執筆時点で、DAPSはRingCTとBulletproofを完全に組み込んだStakingとMasternodeのハイブリッド(PoW・PoS・PoA)フルプライバシーチェーンを正常に実装した最初のコインです。

DAPSとは?

従来のブロックチェーンや様々な「部分的な」匿名チェーンでは、ユーザーは分析や悪意のある攻撃に晒されています。世界中の多くの人がこの公開されたデータを使用して暗号化の利用者を搾取しています。私達は自分の財政を適切にコントロールできるように、皆さんの権利保護することを目指しています。DAPSはこれまでに最もプライベートなブロックチェーンを作成し、成功したテスト済みプライバシープロトコルを併合します。

*ユーザーは分析や悪意のある攻撃経路にさらされています。

DAPSプロトコルの歴史

Zerocoin Protocol(libzerocoin)は今日見られる多くのプライバシーコインの基盤です。 比較的安全で安全なプライバシー資産を作成するために他の資産によって使用されているこのプロトコルは、高度に審査されており、プライバシー実装の標準と見なされています。

このプライバシー基盤を使用して、多くのコインがZerocoin(libzerocoin)プロトコルのアイデアをさまざまな方法で拡張しました。

注目すべき例の1つはDASHです。DASHチームはBitcoinの上に “Masternodes”と呼ばれる新しいレイヤーを作成しました。本質的には24時間365日稼働する “incentivized”ノードを作成してネットワークを強化し追加のチェーン機能を追加できるようにしました。これらの機能には、lnstantsend、Privatesend、およびMasternodesが提案に投票することを可能にし、開発者の手の届かないところでネットワークの集権を分散させることが出来ます。

*Jncentivizedノードは24時間365日稼働します

PIVXはZerocoinプロトコルとMasternodeプロトコルを合併しました。 PIVXは、Masternodesの報酬とステークを強化するために、Masternodesのための「see-saw報酬制度」を有効にすることでこの概念を拡張しました。

DAPSの案はSasson et al(2014)によって記述されているような分散型匿名支払い計画のプロトコル定義に従って、出金元と出金先、金額を隠しユーザ同士のプライベートな入出金を可能にする支払い方法として説明されています。この暗号化アプローチは、取引やアドレスの分析を妨げる「zero­knowledge」証明を採用しています。

もう1つ例はManeroです。RingCTを実装し非常に堅牢で成功していることが証明されている

以下はその抜粋と論文へのリンクになります。

[“CryptoNoteプロトコルの欠点を打ち消すための明らかな方法。..どんなトランザクションにも隠れた金額を実装することになるだろう。]

https://eprint.iacr.org/2015/1098.pdf

Bitcoinの問題点

Bitcoinは匿名ではありません。 二重支出を防ぐために、ブロックチェーンは誰にでも完全に公開されています。 これにより、Bitcoinは特定の管理主体を信じる必要がなく、BitcoinノードオペレータまたはBitcoinを送信する人物を「信頼」する必要もありません。

第三者はブロックチェーンステータスを確認でき、公的元帳で自分の残高と取引を簡単に確認することができます。 これは、エンドユーザーの分析と追跡を完全に公開し、Bitcoinネットワークがネットワークの健全性を確保する方法の1つです。 

しかし、この「信頼性のない」(完全に透過的な)ネットワークには欠点があります。取引履歴、残高、その他のデータは簡単に追跡され、悪意のある者によって使用される可能性があります。 この問題により、「プライベート」ブロックチェーンという考え方が業界の焦点になるようになりました。

”プライバシー”とセキュリティ

全てのプライバシー通貨が完全にプライベート(私的)な訳ではありません。理論的にはプロトコルに関係無く完全に匿名のブロックチェーンでは、ノード所有者はオフチェーンを使用して自分のノードを悪意を持って実行することができます。これはあらゆるネットワークにとって多くの点で悲惨なことになる可能性があり、現在のプライベートブロックチェーンの反復に対する組み込みのセキュリティリスクを表します。

もしノードが共謀し、自分自身のために無限のコインを秘密に生成し、そしてそれらを使うとすれば、取引と量がパブリックビューから隠されるので、世界はこれを発見することができないでしょう。

チェーン分割を引き起こさずにこれらの悪用を「ロールバック」することはできないので、攻撃やチェーン外の共謀が発生したときにそれを検出できることが重要です。ステータスを言っている人々が不正であるというインセンティブを持っているとき、どのようにしてネットワークのステータスを確認しますか?

ほとんどのチームは、固有の悪用可能性のためにプライベートブロックチェーンの考えを避けています。この悪用可能性は、中立的な第三者によるネットワークの状態と排出量の追跡ができないことが原因です。この重大な弱点の最も顕著な例は、「Zerocoin minting」とCryptoNoteネットワークの継続的な悪用です。

信用問題とは?

信頼できない(匿名通貨)のためには客観的な第三者がコインの供給・排出をチェックし、ノードが悪意を持って使用されていないことを確認する必要があります。 ノード所有者の情報のみを信頼することが悪意のある行為に対する唯一の防止策となるべきではありません。

マスターノードベースのプライバシーブロックチェーンでは、コインの供給、インフレ、様々な仕様の中央 統治として、ある程度の信頼を「マスターノード」に与える必要があります。 zk-SNARKを使用する非マスターノードプライバシーネットワークの場合、ネットワークを制御する情報が特定の少人数のグループに公開される複雑な展開式が必要です。これらのメンバーがこのデータを完全に削除しない(そしてそれを記憶しない)場合、ネットワークは完全にそれらによって制御されます。

これが「信頼の問題」です。 あなたは、ネットワーク全体を気まぐれに制御できるノードまたは「管理者」と中央の人物のグループを信頼する必要があります。 Masternodesと完全にプライベートなブロックチェーン(zk-SNARK、完全に難読化されたRing CT)の現在の繰り返しは、パブリックブロックチェーンの「信頼できない」状態とは異なります。

多くの非プライベートコインも、これらの統治構造や信頼できないネットワーク設定を完全に無視しており、完全に中央集権型のネットワークであると宣言しています。

これらのネットワークは全体としてブロックチェーン化するのに危険であり、サトシ(satoshi)のビジョンの原則に違反していると私たちは信じています。 第三者による保護を受けたブロックチェーン元帳の基本と同じくらい安全になることはありません。

これらの問題にどう対処しますか。 監査証明(Proof-Of-Audit)は、他のプライバシーコインのトラストベースシステムに信頼性の欠如をもたらすでしょう。

*これは現在利用可能なツールを使用して完全にプライベートなブロックチェーンの展開を可能にします

そして多くの既存のネットワークに拡大することができます。

何が違うの?

監査証明(Proof-of-Audit)のアイデアとDAPSプロトコルの実装はHARPOCRATESプロトコルと呼ばれ、新しい業界標準となる予定です。

以下の主要技術を活用します。

・RingCT
・Bulletproofs
・Stealth Addresses
・Stealth Transactions
・Stealth Transactions

全てのユーザーと取引を完全に難読化します。

私たちが「Harpocratesプロトコル」と呼ぶ監査証明を特徴とするこの機能の組み合わせは、完全に信頼できない匿名ブロックチェーンネットワークを作成します。

概要

DAPSはユーザのプライバシーを重視したハイブリッドPoW-PoS-PoA(Proof-of-Audit)ブロックチェーンシステムです。 DAPSには、次のような独自の機能があります。

•ネットワーク内の全てのユーザーの取引を確実に保護するプライバシー重視のブロックチェーンシステム。 つまり、全てのユーザーの取引がブロックチェーンに完全に公開されていても、第三者(トランザクションの送信者と受信者を除く)が取引の詳細情報を開示することはできません。 具体的には、次の情報はDAPSシステム内で非公開にされます。

・取引送信者:取引の送信者は完全に難読化されています
・取引受信者:取引の受信者として1回生成された公開鍵以外に、第三者が取引受信者の身元および受信者公開鍵と受信者の身元の関係を明らかにすることはできません
・取引金額は、第三者が取引内の取引金額を明らかにできないようにエンコードされています。

■同じブロックチェーン内の異なるブロックタイプで構成されるハイブリッドブロックチェーンシステム。

・500の初期ブロックは、DAPSホワイトペーパーに記載されている初期供給を提供するためにDAPS財団によってマイニングされたPoWブロックです。
・501番目のブロックから、DAPSブロックチェーンはPoSブロックとPoAブロックのハイブリッドになります。 PoSブロックは、DAPSブロックチェーンのユーザーからのトランザクションを検証するためにステーキングノードによって継続的に細分化されます。 毎分PoSブロックが作成されます。
・PoAブロックには1時間のブロック時間があります。 システムが指定された規則に従って正しく機能していることを監査するために、PoAブロックは外部アクターによってマイニングされます。 PoAブロックは、少なくとも59個のPoSブロックの正確性を再監査する必要があります。 この作業では、PoAブロックマイナーもシステムの監査を継続することで報酬を得ています。

DAPS合意形成の仕組み(マスターノード・ステーキング・SEE-SAWS・PROOF-OF-AUDIT)

DAPSのマスターノードは、1,000,000DAPSCoinの担保、専用IPアドレスを持ち、1時間以上接続を失うことなく1日24時間稼働できることが必要です。 マスターノードは、次のセクションで説明するようにSee-saw方式を使用して支払いを受けます。彼らのサービスをネットワークに提供するために、マスターノードは仕組みを維持するためにブロック報酬の一部を支払われます。この支払いはDAPSで行われ、マスターノードの所有者にとっては受動的な収入のとして機能します。

DAPSマスターノードシステムは、PIVXマスターノードシステムをモデルにしています。これには、Proof-Of-StakeレイヤーとMasternodeレイヤーの両方が同時に危険にさらされない限り、51%の攻撃を防ぐなど、多くのボーナスがあります。

SBRS(See-Saw Balance Reward System)は、(60:40)=(MN/PoS)の報酬分割を最大(40:60)=( MN/PoS)の報酬分割が行われます。これは保有者に公正な報酬を与えるでしょう。

チェーン検証は、Proof-of-Audit、Masternodes、およびProof-of-Stake(v3)を使用して行われます。これにより、DAPSネットワークは、ほとんどの既知の攻撃に対して耐性があり、チェーンを安全に保護しながら、それを公に精査することができます。

DAPSは信頼できません(匿名通貨)が、それでも信頼の要素が必要です。

任意のマスターノードチェーンのマスターノードは、信頼できるノードと見なされます。これは、Masternodeが信頼できると見なされるための担保取引の一部としてロックされているコインの担保によるものです。 DAPSは設計上、隠れた取引金額で匿名です。これは、マスターノードを担保化し、担保が正しくロックされていないことを確認するときに特有の問題を提起します。

したがって、Masternodesのすべての担保取引には、防弾でもリング署名の一部でもない目に見える金額があります。

マスターノードの担保が解除されるとすぐに、担保されたUTXOは指定された財布に送り返され、通常の取引として扱われます。

STEALTHについて

DAPSには必須のステルスアドレスシステムがあり、ユーザー取引の全ての金額はエンコードによって隠されています。 取引を作成している間、送信者はUTXOごとに取引公開鍵を生成し、それが1回限り生成された公開鍵(ビットコインアドレスに対応する)の生成に使用されます。 後者の秘密鍵は、取引の受信側によってのみ導出されます。受信側には、プライベートな支払いキーと表示キーがあります(後述)。

取引金額は、楕円曲線Diffie Hellman ECDHを使用して取引金額を符号化する対称暗号化方式を使用して符号化されます。これは、取引の送信者と受信者によってのみ明らかにされることができます。 取引公開鍵により、生成された秘密鍵の所有者はその取引の金額のみを明らかにすることができます。 同じキーで他の取引をロック解除することはできません。

ブロック報酬について

DAPSのコイン排出量は1ブロックあたり1050 DAPSになります。 DAPS開発基金に割り当てられた1ブロックあたり50 DAPSの料金(「創設者料金」)があり、これはプロジェクトのさらなる開発と長期的な持続のために使用されます。

報酬は以下のようになります。

《報酬量1050DAPS:調整しない場合》
・DAPS開発基金:50DAPS
・マスターノード:540DAPS
・POS:360DAPS
・POA:100DAPS

《報酬量1050DAPS:調整した場合》
・DAPS開発基金:50DAPS
・マスターノード:360DAPS
・POS:540DAPS
・POA:100DAPS

「See-Saw Balance報酬システム」は、ネットワークがステークノードとマスターノードに支払われる報酬の割合をバランスさせる方法です。

1000台のMNと1000台のステーキングノードがある場合、システムはそれを同等と見なし、60/40のSee-SawシステムをMasternodesを優先して保持します。 これは、彼らがそのマスターノードを担保することによって100万のDAPSを「投資した」ためです。

ノード番号がより多くのマスターノードの方向に劇的にシフトすると、ネットワークは方程式を40/60になるように再調整します。今回はステーキングするノードが優先されます。

これにより、Masternodeと賭け金のバランスをとることで、ネットワークの長期的な健全性が保証され、暴走したMasternodeの成長が防止されます。

DAPS Tokenについて

・通貨の性質:ERC-20トークン
・供給量:60,000,000,000トークン(600億DAPSトークン)
・流通経路:AIRDROP

DAPSCoinについて

初期発行量:60,000,000,000DAPS(600億DAPS)
最大発行量:70,000,000,000DAPS(700億DAPS)※初期発行量+ブロック報酬
総意方法:Proof-OfAudit、Proof-Of-Stake v3、Masternodes(See-saw報酬)
プライバシー技術:Secp256klに基づくRing Signature、RingCT、Range proof Bulletproof
ブロック生成時間:60秒
ブロック報酬:上記のブロック報酬を参照
消費に必要な確認:4ブロック
ステークの成熟:100ブロック
概算排出量:1年あたり551,000,000DAPS(5億5100万DAPS)※100億DAPS排出まで

DAPS独自チェーンについて

RINGCT

RingCTまたは「Ring Confidential Transaction」は、実際の取引と、あらかじめ決められた数の偽の取引を混在させる方法です。リングサイズによって、追加される追加の偽取引の数が決まります。

これは、実際の取引が偽の取引の混合物の中に隠されていることを意味しているため、実際の取引とその金額を識別するのははるかに困難です。

Maneroが設定されたリングサイズを実装(11)しているのに対して、DAPSは与えられた範囲内でトランザクション毎にランダムに生成されたリングサイズを持つでしょう(6~12)。これにより、ユーザーが常に特定のサイズを選択するとは限らず、習慣による追跡可能性が確保されるため、ネットワークをさらに安全にすることができます。

Ring Signaturesは、取引でインプットとして使用された真のUTXO(支出取引)を隠し(以下の図を参照)、すべての二重支出を検出しますが、RingCTはフルノードで取引インプット金額の合計がUTXO(支出取引)金額とトランザクション料金の合計に等しいことを証明します。 。 DAPSのすべての取引金額はデフォルトで非表示になっており、Pedersonの約定およびエンコードされた金額の形式でのみ存在するため、これは重要です。 RingCTは、取引金額の明らか化を必要としませんが、それでも入力側と出力側の両方の合計が等しいことを証明できます。次の図は、Ring SignatureとRingCTの併用方法を示しています。

BULLETPROOFS

Bulletproofは、信頼できる設定を必要としない、短い非対話型のゼロ知識証明です。 Bulletproofは、暗号化された平文が整形式であることを検証者に納得させるために使用できます。たとえば、暗号化された数字が特定の範囲内にあることを証明します。その数字について他に何も明らかにしないでください。 SNARKと比較して、Bulletproofは信頼できる設定を必要としません。ただし、Bulletproofを検証することは、SNARK証明を検証するよりも時間がかかります。

Bulletproofは、暗号証明のサイズを10kB以上から1kB以下に縮小します。さらに、Bulletproofはプルーフ集約をサポートしているので、m個のトランザクション値が有効であることを証明することで、1つのプルーフのサイズにO(log(m))個の追加要素のみが追加されます。全てのBitcoin取引が機密でBulletproofを使用した場合、UTXO(支出取引)セットの合計サイズは、現在使用されているプルーフの160 GBに対して、わずか17 GBになります。

DAPSは、取引における取引金額がプラスであることを証明するための範囲証明として防弾を使用しています。 secp256klはサークルスペース番号の下で機能し、フルノードがエンコードされた量が常に正であることを確認できる方法がないため、これは重要です。 Bulletproofsが取引金額が正であることを確認しないと、攻撃者はUTXO(支出取引)が非常に大きな正の金額を持ち、もう一方のUTXO(支出取引)が負の金額と、これら2つの金額の合計と取引手数料を入力の合計に等しい取引を作成できます。その結果、RingCTチェックが迂回されます。

STEALTH ADDRESSES

Stealth AddressesはDAPSのもう一つの要です。

標準的な住所がかなり読みやすく、次のように簡単に識別できます。

3J98tl WpEZ73CN mQviecrnyiWrnq RhWN Ly 

DAPSのステルスアドレスはまったく異なります。 以下はDAPSパブリックアドレスの例です。

41k8JcYj2EG4eDHbpPNneDdKvFqHFpQNMMGykRUorNnihiY4RaRNdliUUfThfzugo5auHkq ThwQgZ3EixmxyoDkj17c7Qy6BVWP 

これを「プライバシーアカウント」と呼びます。

このアドレスが公開されている場合、匿名性はどのようにして達成されるのでしょうか。

DAPSでは、送信したい場合、受信者の公開アドレスは、UTXOごとに送信者によって生成されたトランザクション公開鍵に基づいてワンタイム生成された公開鍵/アドレスを生成するために使用されます。

この方式の特徴は、この一度だけ生成された公開鍵を生成している間、送信者は後でUTXOを引き換えるために対応する秘密鍵を生成する方法がないということです。 このような秘密鍵は、パブリックアドレスの所有者だけが導出できます。パブリックアドレスの所有者は、以下に説明するように、DUAL-KEYシステムで両方の秘密キーのペアを所有しています。

DAPS PUBLICADDRESS DUAL-KEY SYSTEM(DAPSパブリックデュアルキーシステム)

DAPSは難読化アドレスにステルスアドレスを提供するためにデュアルキーシステムを使用します。

パブリックアドレスは、プライベートの閲覧費用キーペアから派生します。 パブリックアドレスにはオプションで支払いIDを含めることができます。これは通常、取引所で使用されます。

DAPSはECsecp256kl曲線を使用して、対応する秘密鍵から公開鍵を導出します。

パブリックアドレスは、パブリックアドレスの8バイトブロックごとにbase58形式で次のようにエンコードされます。

•通常のパブリックアドレス:71バイト。8つの8バイトブロックと1つの7バイトブロックに分割されています。 各アドレスブロックはbase58フォーマットでエンコードされているため、アドレスブロックあたり11 base58文字→99 Base58文字

•統合アドレス:79バイト。9つの8バイトブロックと1つの7バイトブロックに分割され、110個のBase58文字になります。

ステルス取引

取引の受信者のパブリックアドレス/統合アドレスを送信者に送信する必要があります。送信者は、完全にプライベートな取引を作成するために次の手順を実行します。

•公開アドレスを解析して、公開ビューキーPv、公開費用キーPs、および受信者の支払いID(オプション)を抽出します。
•財布に送信するのに十分なバランスがあるかどうかを確認します。
•次のようにして、受信者用のワンタイム生成公開鍵Pを生成します。

・トランザクション秘密鍵Tsとそれに対応するトランザクション公開鍵Tpを生成する
・P = H(Ts * Pv)* G + Ps

彼のハッシュ関数

•*and+はsecp256kl曲線の乗算と加算
•Gはsecp256kl曲線のベースジェネレータポイント

・作成中のトランザクションのトランザクション出力ごとにワンタイム生成された公開鍵が生成されます。 各取引のアウトプットは、以下で説明されるリング署名付きの償還不可能な資金を避けるために異なる取引秘密鍵を持っています。

•上記の1回生成された公開鍵と予想される送信金額としてdestinationを使用してトランザクション出力を作成します。

・取引出力に対するPedersonのコミットメントを作成する
・楕円曲線の生成Diffie Hellmanの秘密ECDHS
・ECDHSシークレットで取引金額を暗号化する
・トランザクション出力金額に対してbulletproofを生成

•取引インプットとなる一連の支出可能なUTXOを選択する

・見積手数料に基づいて取引手数料を計算する
・変更額=取引データの合計額 – 送金額 – 取引手数料
・取引において取引手数料を明示する
・キー画像を生成して取引入力に入れる

•リング署名を生成する

・乱数のリングを生成するRing_Size(6-12)
・取引入力ごとにRing_Sizeデコイを選択
・Monero RingCTとRing署名を基にしたマルチキーリング署名の計算

DAPSのノード

PIVXのようなマスターノードベースのシステムでは、マスターノードは「即時送信」のような追加のサービスを提供するために報酬が与えられ、報酬は担保付きコインを有するアドレスに送られる。そのようなメカニズムがDAPSで使用された場合、同じアドレスからの2つの異なるUTXO(支出取引)が取引で費やされてもRing Signaturesが取引を二重消費として検出またはマークするため、マスターノードのための資金は失われます。これは、報酬が同じアドレスに送信された場合、マスターノードUTXO報酬のうち1つのみが引き換えられることができることを意味します。

DAPSは、マスターノードに報酬が与えられるたびに新しいアドレス/公開鍵を生成するようなマスターノードインセンティブメカニズム用に設計されています。 DAPSは、パブリックアドレス(ロングアドレス)を担保取引にプッシュするようにユーザーに要求することによってそれを行います。

マスターノードのパブリックアドレスは支払いキューに入れられます。PoSブロックの作成中に、ステーキングノードはキュー内のパブリックアドレスの1つを取得し、マスターノード支払い用に1回限り生成されたパブリックキーを生成します。これにより、マスターノードのUTXO(支出取引)の報酬がすべて確実に消費されます。

このメカニズムは、全てのステーキング報酬が異なる公開鍵に確実に送信されるように、PoSブロックを作成している間にステーキングノードにも適用されます。

POAとPOSの総意について

1.以前に承認されたPoAブロックのタイムスタンプから少なくとも59~60分が経過していない限り、PoAブロックはチェーンに受け入れられません。これにより、PoAブロックがチェーン全体で等間隔に配置されたままになり、何らかの理由で連続して連続して配置されないようにする必要があります。

2.PoAブロックは前のPoAブロックのハッシュを含まなければならず、したがって連続的に取り残されたPoAブロックのサブチェーンブロックを形成する。

3.PoAブロックは、別のPoAブロックのハッシュ、高さ、またはタイムスタンプを独自の「posblocksaudited」配列に含めないでください。

4. posblocksauditedに含まれる全てのブロックハッシュは、現在チェーン上で確認できるPoSブロックの有効なハッシュである必要があります。

5. posblocksauditedに含まれる全てのブロックのタイムスタンプは、PoAブロック自身のタイムスタンプより早い時刻からのものでなければなりません。 PoAブロックは、それ以降に発生したブロックを監査することはできません。

6. PoAブロックは、別のPoAブロックがすでに監査しているPoSブロックハッシュを監査することは許可されていません。

PoAブロックはいつでもチェーンに追加できます。これにより、PoSブロックは、マイニングプロセスを妨げずに続行することができ、PoAブロックは、監査する既存の順次PoSブロックを一定数選択し、ブロックIDブロックのレコードをリレーショナルリストとして順序付けされたリレーショナルリストとして作成します。ブロックIDをクリックしてから、次のブロックIDとしてチェーンに追加します。

将来のPoAブロックは、前のPoAのブロックIDを調べ、その中で最も大きい番号のPoSブロックIDを探し、それらのブロックIDのいずれかがPoAブロックである場合は無視する必要があることを考慮して監査プロセスを開始します。

TOR/OBFS4について

このホワイトペーパーの以前のバージョンでは、TORとOBFS4の使用法について言及していました。

徹底的な調査の結果、当面は技術スタックからこれらを除外することが決定されました。

その理由は単純ですが、かなりの重みがあります。

TORは世界中の多くのISPによってブロックされており、通信を「橋渡しする」ための広範囲な設定手順を必要とします。

ISPとTORに関連するもう1つの問題は、多くのISPが、理由にかかわらずTORを使用している人に会うと、その人に再度使用しないように警告することです。いずれにせよ、これは悪いことであり、時には法執行機関からの訪問で終わることさえあります。これは私たちがユーザーに望んでいることではありません。

私たちはTORを徹底的に徹底的に調査しています、そして、一般的なコンセンサスは私達が将来のリリースで「オプション」としてTORを導入するかもしれないということです。

これらはTORを使用する周辺システムなので、チェーンをリセット、分割、またはフォークする必要はありません。

その他の機能

・静的排出量:ファンシーインフレーションモデルなし、フラットな排出量
・最大2MBのBIockサイズ
・マスターノード:高度な機能に使用できる24時間ノードを統合しました。
・マルチノード:インスタンスごとに複数のマスターノード。 これ以上サーバースパムはありません。

上記のチェーン機能を使用して、取引、アドレス、残高、およびノード/ IPを完全に難読化します。 チェーン内の内蔵コイン供給監査で、システムは信頼できず、完全にプライベートなコインの「信頼」問題を回避します。 ステーキングしているネットワークをベースにしたこの独自の機能の組み合わせは、Harpocrates Protocolと呼ばれ、プライバシーコインの規格が変わると考えられます。 私たちは、Proof-of-Auditが他の現代的なプロトコルも同様に強化し強化することができると信じています。そして、我々のプロジェクトの任務を業界全体に有益にします。

DAPSのエコシステムと世界:DAPSを実際の用法と有用性に取り入れて、大量採用を促進するための取り組みが取られます。

その他

この文書は目論見書ではないことに注意してください。 2019年時点でDAPSコインプロジェクトを提示することは情報提供のみを目的としています。購入は不要であることに注意してください。 あなたは自由にプロジェクトに参加することができます。 DAPSを購入または加入する前に、あなたの国の既存の法律を見直すことはあなたの責任です。 プロジェクトに参加する前に、この文書の用語を読んで理解し、同意する必要があります。

仕様および技術情報は変更されることがあります。

DAPSは2019年3月に成功したテストネットを完成させました。DAPSは、メインのネットリリースの前にサードパーティのコード監査を受けます。

文書

Bitcoin trustless

Z-cash Trust Problem

Libzerocoin Protocol

DAP Protocol,by Sasson et al

Masternodes

Maternodes

See-saw reward scheme

Posv3

Ring CT

Bulletproofs

Stealth Addresses

コミュニティー

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です