【仮想通貨】PENG(Penguin Coin)スワップについて解説

スポンサードリンク




〜はじめに〜

みなさんこんばんは!○すぎくん○すぎくんのtwitter)です!スワップについて公式より発表がありましたので翻訳していきたいと思います。その前に、PENG(Penguin Coin)の記事を書くにあたりいつもアドバイスや通貨について教えて頂いている方々に感謝します。もしも、もしも情報をいち早く知りたい!と気になる方々はPENG(Penguin Coin)discord👈からアクセスしてしてみて下さい!それでは、以下翻訳していきます。

スワップについて

PENG(Penguin Coin)の歴史

PENG(Penguin Coin)は、かなり長い間存在してきた仮想通貨の一つです。もともと2014年に作成されたもので、特に活用事例はなく考られたものです。元の開発の後、Litecoinに基づいた基礎となるコードを改善したり運営の努力はありませんでした。開発時にはcryptopia(クリプトピア)に登録されて現在も取引されています。
ちょうど最近、新しい開発チームがプロジェクトを復活させることにしました。ビジネスの第一の順序は、コインスワップを容易にすることです。

コインスワップとは?

コインスワップは、あるブロックチェーンから別のブロックチェーンへ通貨を所定の速度で移動させるために使用されるメカニズムです。最初のブロックチェーンのコインが新しいブロックチェーンと互換性がないため、古いブロックチェーンから新しいブロックチェーンへのスワップを開始する必要があります。

スワップの背後にある理由

スワップの決定に影響を与える理由はいくつかありました。PENG(Penguin Coin)コインが元の開発者によって放棄された結果、コードは古くなって深刻な作業が必要でした。従って、新しい開発チームは、単にコインを交換してコードを新しく始める方が効率的であると考えていました。
また、非常に多くの非アクティブな財布や紛失した財布は、「循環供給」が正確ではないという側面がありました。この問題に対処するために、スワップは10:1の比率で行われることが決定されました。これは2つのことを成し遂げます。 1つは失われた不活発な硬貨が全て供給全体を減らすこと。もう1つは、循環供給を減らすことです

これからの課題

PenguinCoinの核となる取り組みはチャリティー(慈善)活動のためのものです。 PenguinCoinは現在、有効性を条件に初期選択を行っている(すなわち、目標とする原因に高い割合で寄付を行う能力)、いくつかの主要な有力な人道組織との戦略的パートナーシップを築いています。 そうすることによって、PenguinCoinは、彼らの最大のものを必要とする人々のため、世界的に良いものにするために彼らの巨大な活動範囲を活用します。

スワップによる変換について

スワップは、2018年8月18日に10:1の比率で開始されます。 これが意味するのは、あなたが持っている古いペンギンのコインの10枚ごとに、1枚の新しい$ PENGへ交換するということです。

<追記>

上記のスワップ日の後、2018年8月26日〜8月28日のスワップ比率は20:1になるのでお間違いなく!!

当初の予定だった9月14日〜のスワップは8月18日〜に変更になっております。(ホワイトペーパーは更新されていないため、そのままになっていますので、ご注意を!!)

スワッピングプロセスの概要はPenguin CoinコミュニティDiscordで確認できます!

新PENG(Penguin Coin)コインについて

新しいバージョンのPenguin Coinは、旧バージョンよりも大幅に改善されます。MasterNodes(マスターノード)”や”Proof of Staking(PoS)(プルーフオブステーク)”などの機能を備えています。 トランザクション(取引)を検証してブロックチェーンを保護するために、投資家がロックされたアドレスに一定数のコインを賭けて報酬を受け取ることを可能にする機能。 上記の文に関して、以前、ホワイトペーパーの記事を書きました。合わせて読みたい方、👇から見て下さい!

【仮想通貨】PENGUIN(PENG)ホワイトペーパー解説(Version 1.0.0)

MasterNode(マスターノード)”はシステムのマネージャーとして機能し、特別なジョブを実行して報酬としてPENGを獲得します

ノードとは、デジタルネットワークの一部である任意のデバイス(コンピュータ、電話など)です。 暗号化通信は、ブロックチェーンと呼ばれるデータのデジタル記録を保持するコンピュータのネットワークによってサポートされています。 したがって、コンピュータはネットワーク内のノードであり、ブロックチェーンを受信、送信、および/または提供する可能性のある電話機やその他のデバイスも同様です。

masternodeは単なるノードではありません。 それには”管理役割”と通常のノードにはない”特別な仕事”があります。

  • masternodeの役割は、PENGの将来のガバナンスに参加することです。(例:株主みたいなもの?)
  • masternodeの特別なジョブには、PENGブロックチェーン上で行われるトランザクション(取引)の確認が含まれます。(取引承認のお手伝いかな?)

「ステークの証拠(PoS)の定義」ステークス(PoS)の概念は、自分が所有しているコインの数に応じて、ブロック取引を採掘または検証することができると規定しています。 これは、採掘者が所有するコイン数が多いほど、採掘権が増えることを意味します。

ペンギンコインMasterNodeに必要枚数は、スワップ後500万PENGになります。 だから、スワップの前にmasternodeを確保するためには、5000万PENG必要になります。

この記事を書いている時点で、開発チームは”プレセール:マスターノード”の事前販売を開始しました。 事前販売に参加することは、いくつかの理由から有利であり得る。 1つは、ブロックチェーンの確立と保護を手伝うことです。 しかし、主な理由は、群衆がそうする機会がある前に報酬を受け取ることができるということです。 群衆を打ち負かすということは、報酬を共有するためのマスターネットの数が少なくなるため、報酬の支払い頻度が高くなる可能性があることを意味します。

PENG公式ホームページ👉PENG公式ホームページ

PENGディスカード👉PENG(Penguin Coin)discord

ホワイトペーパーの記事👉【仮想通貨】PENGUIN(PENG)ホワイトペーパー解説(Version 1.0.0)

〜最後に〜

最後まで読んで頂きありがとうございます。僕もCryptopiaにPENGを保有しているのでスワップ予定です。いつもDiscordで確認しています。マスターノードのプレセールの価格は現在0.19btcです。ここ直近でBTCの価格が下落しているため、日本円換算では約14万弱円の価格です。クリプトピアで5000万枚購入するのは8月16日午後9時現在ではLTC建て、DOGE建て共に9万円で購入できます。売り板が薄い可能性があるので、9万円で収まる保証はありません。プレセールで買って、すぐにマスターノードを建てるのか、それとも少し安く買って、スワッププロセスを踏んでマスターノードを建てるのか。購入する場合は、どちらか選択しましょう。

Penguin Coin(PENG)のマスターノードは8月16日午後9時現在200個以上建っているみたいです。ということは、ロックされているPENGCoinは10億枚以上です。僕の予想では、スワップ後にマスターノードが500は建つと思っています。もし500建てば、ロックされる枚数は25億枚です。ちなみに、、、総発行枚数は171億4748万PENGになります。もちろん、現段階ではまだまだ総発行枚数には及びませんよ!

新PENG CoinではBTC建てでも取引されるという話があるような、無いような、、、確認が必要ですね!出来ればBTC建てで取引してほしい!!詳しい話、質問に関して、逸早くPENGについて知りたい方はdiscordへどうぞ!!

最後に、PENGコイン有識者の方々、今後ともよろしくお願い致します。。皆さんまた、お会いしましょう!

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です