mCoinのホワイトペーパーを解説(2018年5月2日ver)〜随時更新〜

スポンサードリンク




皆さんこんにちは!仮想通貨の発信者の1人になりたいブロガー○すぎくん○すぎくんのtwitter)です!
そんな僕が今回目をつける事となったのは「ONEmの”mCoin“」という仮想通貨です。この通貨について色々と調べて見たのですが全くと言っていいほど情報が載っておりません。ちなみにICOは2018年7月7日前後で終了しております。僕がこの通貨を購入したのは今年の2月頃だったと思います。メールもこないので”詐欺“だと思っていました。また、”詐欺“なんじゃないか?という別の方が書いた記事も見つけましたのでこちら(仮想通貨(暗号通貨)を辛口評価)も見て見てくださいね!つい何日か前にメールが来ました。内容としては、ロードマップ通りに取引所に上場したいとの事でした。順調にプロジェクトが進んでいるはずだと思い込んで、今回ホワイトペーパーを日本語にまとめようと決意しました!

最初に言っておきます、取引所に”mCoin“が上場するまで僕もこの通貨を100%信用はしていません!まだ確実に信用出来ていないです。

【ONEm】mCoinホワイトペーパー

インターネットがなくてもアクセス可能な世界で初めての暗号侵害

要約

ONEmはインターネットなしで動作する新しい暗号化を導入しています。mCoinは現金のようですブロックチェーン決済システムです。それはトランザクションの詳細を記録する機能のようなユニークなデビットカードをの機能を持っています。新興市場に重点を置いてインターネットアクセスの有無にかかわらず誰でも利用できます。インターネットは多くの産業に革命をもたらしました。それは世界的なコミュニケーション手段(学習・そして国境のない取引)になっています。しかし、数十億の人々が利用できない状況のため、普遍的なものではありません。世界的にみるとグローバルに接続されていません。

新興市場における包括的な経済成長は、繁栄のための確実な道です。ONEmは持続可能な包括的経済成長のための触媒は、『人、企業、市場、またはその他の分野を結ぶ技術革新への無制限のアクセス』。また、仕事と機会『人々や企業からの経済参加を促進するための財務的包括の改善』です。ブロックチェーンのイノベーションは、集中型および信用型決済システムを混乱させています。これらのイノベーションは、低コストでトランザクションのための、古くて安全で透過的なシステムを提供します。残念ながら、それらはほぼインターネット上でしか利用できません。その結果、世界で35億人の人々が社会経済成長のためのブロックチェーンの革新にまだ参加することはできていません。

mCoinはインターネット(ハイブリッド)の有無にかかわらず利用可能なユニークで包括的な暗号化方式です。この通貨は”Litecoin Blockchain技術”を使用して、支払いシステムのような現金システムを構築し、銀行に入れられていない人々やビジネスにナンシーな包括的な機会を提供します。ONEmアプリケーションとともに、mCoinは取引でより多くの経済活動を生み出します。これらの記録は、誰にとっても信頼できる信用履歴を確立します。信用履歴を持つことは、新興市場において重要です。mCoinのハイブリッドアクセスと民族的包括的アプローチは、新興市場における経済成長を加速する市場です。その高い実用性の要求は、全ての人への繁栄の手助けになりでしょう。

ONEmは世界ブロックチェーンフォーラムへのスポンサーシップと参加を発表することに興奮しています。

前書き

インターネット上の変化の速さは、すべてのユーザーに利益を提供する能力に挑戦しています。グローバルに多くの市場におけるインターネットの改善にも関わらず、インターネットアクセスは引き続き2017年の世界人口の54.4%。アフリカ(64.8%)、アジア(51.9%)、中東(35.5%)ではインターネットに接続されていません。彼らの社会的、経済的活動は、今後数年間に及ぶでしょう。(出典:internetworldstats.com)

2017年12月GSMA(携帯通信事業者の業界団体)の報告によれば、世界の人口の66%が2017年現在で移動通信を行っています。しかし、そのうち43%しかインターネットにアクセスできません新興市場における普及率は低いです。

ONEmのビジョンは、すべてのモバイルユーザーがデジタルイノベーションの利益を楽しむことができるようにすることです。ONEmは持続性目的専用のグローバルプラットフォームを開発しました。最新のデジタル技術を使用してモバイルのSMSと音声を再活性化します。したがって、全てONEmサービスは包括的であるため、モバイルデバイス上のモバイルユーザーは利用できます。

ONEmは、次の国のモバイルオペレータとの関係をすでに確立しています。

  • インドネシア
  • ナイジェリア
  • アメリカ合衆国
  • イギリス
  • セネガル
  • アラブ首長国連邦
  • チャド
  • イラク
  • スーダン
  • タンザニア
  • ブルンジ
  • ウガンダ
  • モーリタニア
  • マダガスカル

ACS – 高度コミュニケーションサービス

  • グループコール
  • グループメッセージング(インラインで)
  • ラジオ&オーディオポッドキャスト
  • ビデオ通話
  • mCoinのポイント

ILS – インターネット同様のサービス

  • ニュース(ロイター、Bloomberg、DW、France24、Al Jazeera)
  • 教育、農業、生産性向上に役立つインターネット情報とサービス
  • ソーシャルネットワーキング掲示板
  • 売買用のマーケットプレイス
  • mCoinのポイント
  • カタログ商品電子商取引

Sweb – 中小企業向けマーケティング&CRMサービス

  • 経営・情報システム
  • 顧客管理およびコミュニケーション
  • Oer:広告およびプロモーション管理ツール
  • ボルトオン式ビジネスアプリケーション
  • mCoinのポイント

モバイルオペレータをパイプラインに追加するようになるにつれて増加します。

問題点

インターネットは、新興市場の皆に到達するのに時間がかかります。しかしその人たちにとっては、デジタルイノベーションの機会です。暗号性現金のように働くことができ、理想的なものです。また、取引新興市場の取引コストを削減します。また、それに依存関係中央銀行システム。しかし、それはインターネットでアクセスできます。

ブロックチェーンアプリケーション開発と普及で世界的にさらにインターネットなしで出来るように。経済成長新興市場は技術的な限界でこれにアクセスできません。しかし、インターネットは新しい個人の経済的機会およびビジネスです。その1つは企業がデータを管理するのを助ける地方自治体の信用度金融システムです。

法定通貨

メリット:

  • 誰もがそれを受け入れている(日常の通貨)
  • わかりやすい
  • 使い易い

デメリット:

  • 簡単に盗まれる
  • 誤用しやすい
  • 第三者を提供しない(当事者と相手と2者でのやりとり)

クレジット/デビットカード

メリット:

  • トランザクションは高速で安全である
  • 良いサードパーティを作成する取引履歴
  • 広く受け入れられている

デメリット:

  • 特別なネットワークシステムが必要
  • 受け入れを要求する金融機関
  • 承認のための時間を取る
  • マージン料が必要
  • 使用のためユーザーに高い関心も持たせないといけない

仮想通貨

メリット:

  • 現金のように働き、より安全である
  • 新興市場における取引に置いて理想的な仕組み
  • 取引コストの削減(中央銀行などのマージン料の削減)

デメリット:

  • インターネット経由でのみアクセス可能
  • 取引履歴(有用な情報を提供しない)
  • アプリケーションは実用的でない
  • 数が少ない

解決方法

mCoin導入により、デジタル暗号侵害それも動作します。SMSと音声、mCoinは配信します。すべての暗号侵害経済的な利益を今、待つことなく、インターネットの長いリードタイムを作り上げます。 ONEmと一緒にアプリケーションはmCoinの意志社会経済を促進する活動新興市場へとなります。未銀行はまた、mCoinブロックチェーン上のデジタルアイデンティティネットワークです。 現金のようなmCoinを使用することで、詳細なトランザクションレコード、ONEmはより自然に包括的な方向への道を新興市場で未銀行化のための未来に導くことができます。

ONEmエコシステムのmCoinは理想を提供します。新興市場における支払いシステムです。これを作成することで機能性のような現金による取引履歴、mCoinは大きな問題を解決します。

  • インターネットの有無にかかわらずアクセス可能
  • 利便性のような現金
  • 高速で低コストのトランザクション
  • 他の暗号化通信よりも安全です
  • 正確な第三者、レコードのようなクレジットカード

 

正確な第三者、レコードのようなクレジットカードmCoinを使用して、新興市場市場は信用履歴を生成することができます。 彼らの信用、歴史は財政上の障壁を取り除くことができます。

組み合わせとオープンな標準によりプラットフォームおよびサービスを迅速に拡張できます。
強い関係を築くことによってモバイル事業者、規制当局およびその他ステークホルダー、ONEmは絞り込むことができます。デジタルギャップ から始まる35億人の未接続の人インターネットのようなサービスでは、ONEmが持ってきている暗号化とブロックチェーンの革新新興市場を目指します。

会社概要

ONEmは2012年にイギリスで設立されました。本社はロンドン市の金融地区と近隣のテックシティにあります。

<2013年>

  • スタートアップ&アイデア(2012年12月)
  • 資本金はエンジェル投資家と創業者ネットワーク
  • ロンドンに会社設立

<2015年>

  • テクノロジー&プラットフォーム開発
  • テクニカルチームの構築の開発ハブを開設、ブカレストGSMAメンバーシップの付与

<2016年>

  • 開発されたサービスとマーケティング
  • 最初のハイブリッドアプリを開発
  • 統合されたONEmプラットフォームAmazon Voice Activation、積極的にメジャーに参加
  • グローバルテレコムイベント

<2017年>

  • アフリカとアジアのオペレーターモバイルに接続する
  • アフリカへのプレゼンテーション、規則的なM2Mオートメーション

<2018年>

  • ブロックチェーン技術統合
  • 商業活動

現在までの主な成果

  • 同時に14億通話を処理が可能な規模のプラットフォームを構築
  • オペレータネットワーク内の真の相互作用を可能にするSMSセッションを作成する方法を開発
  • モバイル事業者から私たちのサービスの需要があると証明された
  • ユーザーがコメントを投稿できるSMSを使用して、別のONEm会員にも表示できる最初のソーシャルメディア体験を作成
  • SMSとインターネットの両方を利用し、インターネットにアクセスできる人とできない人を繋ぐ最初のHybrid Appを開発
  • 技術の進歩を賞賛されアントレプレナーマガジンから技術革新賞を受賞
  • SMSを介して音声通話を開始する独自の方法を作成
  • 第三者のコンテンツを利用してコンテンツをSMS経由で対話形式の独自のフレームワークを作成

パートナーシップ

ONEmは戦略パートナーを特定し、募集しています。世界のニュースやコンテンツプロバイダは、ロイター、ブルームバーグ、フランス24、ONEmにもローカライズされた他の戦略的提携情報に対しても。ONEmは、聴衆のローカルおよび地域のニーズにも呼びかけます。

インターネットなしでコンテンツやサービスにアクセスできるため、すべてのステークホルダーに利益をもたらします。ONEmサービスは、インターネット以外のユーザー、コンテンツプロバイダー、モバイル事業者および組織に対してです。パートナーは、コンテンツのリーチをインターネット上にない何百万人もの人々に広げます。

mCoinの紹介

紹介その①

mCoinは、Bitcoinテクノロジに基づいた暗号化方式です。仮想通貨はインターネットにアクセスする必要があります。これらのうち、17億人がモバイルでmCoinを使用できますが、 世界の人口の半分はインターネットを持っていません。この人々にもアクセス出来るように、それがmCoinです。

mCoinがBitcoin Blockchainに基づいているのはなぜですか?

コインは、独自のブロックチェーンで動作する暗号化方式です。 彼らは売買できるお金のように行動する多くの異なる資産です。

なぜmCoinはトークンではないのですか?

トークンは、操作するプラットフォームとしての別の暗号化に依存します。 彼らは株式のように行動する
資産の所有権です。

mCoinの主な機能について

mCoinは、新興市場向けに集中化され、包括的で、透明性があり、安全で、設計されています。 集中化されていない取引決済システムは、デジタル格差を縮小するのに役立ちます。 企業とユーザ最新のBlockchainデジタル革新的システムとの接続性を向上させます。

なぜmCoinは違うのですか?

他の暗号化通貨は、接続されていない人を除いてインターネットに依存しています。 mCoinはそれはインターネット上でもインターネット外でも働くからです。 何十億という人々が最初のブロックチェーンの暗号違反。 彼らはONEmの仮想財布を通じてこれを行います。

仮想財布 – アクセスする鍵

仮想ウォレットは、SMSおよび音声を使用してmCoinトランザクションを管理します。

紹介その②

インターネットなしのmCoinアクセスは、ONEmプラットフォームによって可能になります。 それは伝統的なモバイルインフラストラクチャ、およびmCoinのスケーラブルなソリューションを提供する最新技術を提供します。mCoinの供給は、次の割り当てルールに従います。

  • 総供給量:31.53億mCoin
  • 35%:ONEmによって事前に採掘
  • 25%:擬似採掘プール
  • 1.5%:Pre-ICO販売
  • 2.5%:ICO販売
  • 1%:賞与と紹介料
  • 5%:mCoinメンテナンス

他のデジタル暗号化通貨とは異なり、mCoinの供給と流通は次のようにして行うことができます。

(1)Pre-ICOおよびICO販売のための事前採掘(mCoinを含む)

  • ブロックチェーンネットワーク
  • SMSインターフェイスと認証
  • 仮想ウォレット
  • スマートフォンウォレットアプリ
  • トランザクション記録と管理
  • マーケットプレイス(#market)およびカタログ(#mCat)サービス

(2)デジタルマイニング:これは、ブロックを追加するためにハッシュを見つけるためのmCoinsを受け取る”マイナー“のためのものです。

(3)”擬似マイニング“:擬似マイニングはONEmによって作成された用語です。 これはインターネットを使用して、事前採掘プールからmCoinsを取得します。 これには、「仕事の証明」というタイプがあります。ONEmサービスを使用してmCoinsのポイントを獲得します。

ONEmエコシステムのすべてのユーザーは、mCoinsを獲得する機会を得られます。 「擬似マイニング」は、mCoinsを流通させる方法です。これには、社会的かつ経済的なONEmサービスに影響。 例えば、人々は次のものにアクセスできます。

  • コミュニケーションの障壁を取り除くための言語翻訳(#translate)
  • インターネット百科事典wikiサービス(トピックの検索)(#wiki)
  • コラボレーションを促進するためのグループメッセージング(#xgroup)

ONEmは、すべての人が最初にmCoinの流通を促進するためにポイントを獲得することを容易にします。これにより、デジタル革命に参加していない、または縛られていない人を参加させることができます。

ビジネスモデル

ONEmは、モバイル事業者および第三者を通じて、その生態系およびサービスを展開しています。新興市場。 ONEmはすでにモバイルとの関係を構築するのに3年間を投資しています。オペレータは大量採用に到達します。ブロックチェーンのアプリケーションと暗号化された通貨は、現在の中央銀行を妨害しています。これらの新しいアプリケーションは、企業や個人に権限を与えています。

新しい暗号侵害の課題の1つは、人々にそれを使用するように説得することです。始めに、ONEmはmCoinのビジネスモデルを採用して、それを使用する十分なmCoinユーザーがいることを確認しています。また、需要を創出します。mCoinの支払いを”Marketplace”と”mCatalogueサービス“に組み合わせることにより、ONEm内の経済でmCoinを使用する手段を提供します。 人々はmCoin仮想ウォレットを取引を売買しmCoinの流通を作成します。

高い「暗号」認識により、モバイル事業者からONEmサービスへ。 擬似マイニングは、消費者や小規模企業によるONEmのサービス採用を促進するでしょう。これは、順番にユーティリティの刺激とmCoinsの使用を作成します。

mCoin擬似マイニング

mCoin擬似マイニングは、元のBitcoinの作業証明のコンセプトに従います。以下でコインの作業証明鉱業の主要原則を比較していきます。

以下にProof-of-Work Mining(Pow)という単語があります。説明については別の方が書いているこちらの記事(プルーフオブワーク(PoW)の仕組みを知らずにビットコインは語れない)を参照ください。

【ビットコイン Proof-of-Work Mining】

  • 鉱業のための利用可能な供給源 – コインの供給量は一定期間に採掘される。例)1年目- 1ブロックあたりのコイン数×10分×6×24×365
  • 実績証明 – 右の名前を付けてブロックチェインに新しいブロックを追加する
  • 増加する困難 – マイニング競争の激化によるコンピュータの高速化による新しいブロックディスカバリの難しさ

mCoin Proof-of-Work Mining】

  • 採掘用の供給源-mCoin供給量は可能です。所定の期間内に疑似マイニングされます。例)1年目-315.3億mCoins×25%×75%x50%
  • 実績 – ONEmサービスを使用して、交換可能なポイントを交換コイン ONEmはブロックチェーン上のプリマイニングブロックでトランザクションを確認するためのマイナーとして機能します。
  • 増加する困難 – 擬似マイニングへの新しいユーザー数の増加は、mCoinsを交換するポイント数を増加させます。

次の図は、mCoin循環を作成するmCoin擬似マイニングの過程を示しています。

mCoinの需要と供給

ONEmは、2019年の第1四半期まで、擬似鉱業の促進を通じてmCoin供給を開始する予定です。 ONEmはまた、ONEmecosystem内の支払取引に対するmCoinの需要を促進します。

通常のmCoinユーザー、取引と流通が行われると、mCoinはデジタルマイニングを開始します。mCoinは、他の暗号と通貨間の取引のため取引所に掲載されます。 疑似マイニングは続行され、デジタルマイニングのようなBitcoinは、より多くのmCoin供給を循環に追加し始めます。

mCoinのみ内のループシステムについて以下に記します。

  • ユーザーと企業は、モバイルオペレータを通じて、ますます多くのONEmサービスにアクセスします。 これらのサービスは、日々の生活を向上させ、経済活動と価値を生み出します
  • ユーザーはONEmポイントで報酬を受け取り、これを使用してmCoinsを交換できます(疑似マイニング)。すべてのmCoinトランザクションは、ONEmによってブロックチェーンで処理されます
  • ユーザーは仮想ウォレット(#wallet)でmCoinを取得できます
  • ユーザーは、取得したmCoinsを使用してプレミアムスマートフォンなどの商品を交換することができます。また、ONEmカタログサービス(#mcat)の商品にmCoinsを使用することもできます。 ここでも、allmCoinトランザクションはONEmによってBlockchainで処理されます
  • ユーザーは、取得したmCoinをONEm Marketplaceservice(#market)の購入と販売の支払いとして使用することができます
  • mCoinトランザクションは詳細な記録を持ちます。 これらの記録は、時間が経つとユーザーと企業の取引履歴を提供しま

mCoin供給の評価

元のBitcoinのように、売買取引の通貨であるmCoinの有用性を評価するのは簡単です。 ONEmは、最初のmCoin導入を実現するため、ターゲット市場でマーケティング活動を実行します。

(1)mCoinユーザーに登録してmCoinの流通を促進する “Gold Rush“評価

  • ターゲット市場でのONEmサービスの開始後、ONEmとそのローカルパートナーは、ユーザーにONEmサービスに登録するよう促します。 ユーザーは、ONEm仮想ウォレットに擬似ミンコインします。 ONEmは、地域のパートナーと協力して、ONEmユーザーにmCoinsを獲得するための奨励金を提供します
  • ユーザーは、ONEm仮想財布のmCoinを使用して、ONEmパートナーからの需要をローカルで「購入」することができます

(2)mCoinの支払い要求を容易にするONEm市場サービス

  • インターネット上のeBayと同様に、ONE Marketplaceサービス(#market)は、商品のバイヤーや売り手が行うための使いやすい仕様を提供します。インターネットなしでの販売です
  • ユーザーは、市場で商品を支払うためにコインを使用することができます。 ONEは、mCoinを使用して不正行為を解決して取引を売り込む際に、マーケットプレイスのユーザーにより多くのポイントを提供します

ユーティリティ需要を創出するONEmエコシステム内のクローズドループシステム

技術的解決策

技術的解決

技術的解決策は、2つの要素からなります。

(1)mCoin seed nodes

(2)The ONEm プラットホーム

mCoin Seed Nodes

シードノードはBitcoinプロトコルを実行し、ネットワーク内のすべてのブロックとトランザクションを保持します。 シードノードは、コアBitcoinプロトコルのすべての機能(コアノード、ウォレット、マイニング、およびネットワークルーティング)を公開します。

時間の経過とともにネットワークが成長するにつれて、コミュニティによって追加のノードが追加されることが予想されます。コインは、Scryptハッシュアルゴリズムを使用したLitecoinプロジェクトのフォークです。 セキュリティを犠牲にすることなく、SHA-256ベースの通貨(Bitcoinなど)よりも優れているので、Scryptが選ばれました。

シードノードは、安全性の高いクラウドインフラストラクチャで主催されています。

ONEmプラットフォーム

ONEmプラットフォームは、ネットワーク境界でモバイルオペレータネットワークに接続します。 無制限のクラウドで動作し、Web用の標準プロトコルHTTP、音声用SIP(Session Initiation Protocol)、SMS用SMPP(Short Message Peer-to-Peer Protocol)を使用してオペレータネットワークと通信します。
このプラットフォームは非常に安全でスケーラブルで、数百万人の日常的なアクティブユーザーをサポートします。 プラットフォームは、すでにSMSベースのメニューとWeb、音声、SMSを使用した「マルチモーダル」インターフェースの革新的なシステムを使用して、高度にインタラクティブなサービスを提供しています。

このプラットフォームは、「接続された」ユーザーと「接続されていない」ユーザーの両方のニーズをサポートするように設計されています。 ユーザーは、彼らが「オンライン」か「オフライン」かどうかについて使用したいデバイスのタイプに応じてプラットフォームと対話するためのさまざまなオプションを備えています。

モバイルデータが利用できないときに、「フォールバックメカニズム」を使用して、SMSを背景通信チャネルとして使用してONSプラットフォームと接続するインテリジェントな「ハイブリッド」スマートフォンアプリです。

ウォレットのサポート

ONEmソリューションは、ユーザーがmCoinsにアクセスし、支払いを送受信するためのさまざまなオプションを提供します。また、他の方法も近い将来追加される予定です。

mCoinバーチャルウォレット – #wallet

mCoinは、仮想財布を介してインターネットなしでアクセスできます。 仮想ウォレットはSMS経由でのみアクセス可能です。 ユーザーのウォレットにはmCoinが含まれています。

SMS経由でONEmの#walletを使用する際の利点は、セキュリティユーティリティシンプルさ、および互換性です。

  • セキュリティ – モバイルオーナーからのSMS以外の#walletへのアクセスはありません
  • ユーティリティー – #walletを使用するONEmエコシステムには多くのサービスがあります。 ユーザーはトランザクション履歴を保持することができます
  • シンプリシティ – ABCほど簡単に操作できる簡単な多肢選択メニューがあります。ユーザーは、@名前にmCoinsを送信して他のユーザーに送信できます
  • 互換性 – オンラインとオンラインのウォレットの間でコインを転送することができます

タイムライン&ロードマップ

【2012年】

  • ONEm構築

【2013年〜2015年】

  • マネージメントチームの構築
  • 技術チーム構築
  • 研究とプラットフォームの開発
  • GSMAのアクティブアソシエイトメンバー

【2015年〜2016年】

  • スケーラブルプラットフォームを構築
  • アントレプレナーマガジンテックアワード
  • 国際テレコムイベント – スタンダード
  • 戦略的パートナー(Reuters, WIkiなど)

【2017年】

  • ILS(インターネットのようなサービス)をローンチ
  • Amazon Echo, Microsoftと接続…
  • インターネットへのアクセスを持たない最初のm2mを開発
  • 接続済みのオペレータ(2億3800万人のユーザー基盤)

【2017年6月】

  • 高度ボイスサービスをローンチ
  • 最初のハイブリッドAPP SMS/データ
  • ビジネス向けSwebをローンチ
  • Amazon EchoをGSMに接続

【2017年12月】

  • ハイブリッドソーシャルAPPを開発
  • ハイブリッドグループビデオ通話をローンチ
  • mCoin仮想通貨を開発

【2018年】

  • ONEmエコシステムの一環としてmCoinが登場

【2018年2月】

  • mCoinプレICOのローンチ

【2018年4月】

  • mCoin ICOのローンチ
  • mCoin仮想ウォレットをローンチ
  • ワールドブロックチェーンフォーラムスポンサー
  • ONEmウォレットiOSとAndroid

【2018年5月】

  • mCoin仮想ウォレット利用可能
  • mPointsがmCoinでアップグレード
  • mカタログをmCoinでアップグレード

【2018年7月】

  • 交換所での掲載開始
  • mカタログをローンチ

【2018年第三四半期】

  • ゴールドラッシュ擬似採掘を開始
  • 国のプログラムリリースを選択

【2018年第四四半期】

  • 擬似採掘を完全にデプロイ
  • 主要交換所に掲載
  • mCoinマーケットプレイスをデプロイ

【2019年第一四半期】

  • mCoinの定期的な採掘開始
  • mCoin商業利用を開始
  • mCoin Sweb APPSを作成
  • mHire, mTaxi, mBid, mBook

【2019年第二四半期】

  • 銀行業務ツールをローンチ
  • mCoin交換所をローンチ(インターネット不要)
  • 新しい市場へmCoinを拡大

【2019年第四四半期】

  • 完全にmCoin銀行統合ツールをデプロイ
  • 主要銀行と提携
  • イクロローン用オンラインクレジットを構築

【2020年】

  • ハイブリッドAPPストア
  • ONEmハイブリッドmCoin交換所
  • ハイブリッドデジタルアシスタント
  • IPO ONEmコミュニケーション

mCoin ICO

すでに終了しています。

今後の課題

3つの課題は、規制当局、モバイルオペレーター、ユーザーの取り上げと採用です。

パラダイムシフトが直面する最大の課題は、設立からの抵抗です。 これは多くの形で起こります。 市場参入の禁止、規制、障壁。

規制

いくつかの政府は、暗号化の使用を困難にすることによって、迅速に行動します。 使用のための救済策を規定する実際の法律は存在しない可能性があります。 多くの政府は、「待って見てください」というポジションをとっています。市場での暗号化通貨の見方を見て、規制が続きます。 最大の問題は規制上のシャットアウトを避けることです。

mCoinは他の暗号化通貨と同様に標準に影響を与えます。 ブロックチェーンの暗号化通貨には、地域経済に役立つ多くの利点があります。 mCoinにはこの点で多くの利点があります。

クローズドエコシステム – mCoinは半クローズドエコシステムとして動作できます。 ユーザーはONEmエコシステムの枠内でmCoinを楽しむことができます。 このようにして、公的な外貨両替の通貨としては使用されていません。

ポイントプロキシ – mCoinはポイントシステムを使用してmCoinをサポートします。 ユーザーは、ポイントを使ってmCoinを交換することができます。 彼らは、インターネットまたはSIM経由でONEmエコシステムの外部でこれを行います。

モバイルオペレータ

課題は、可能な限り多くの演算子でmCoinを接続展開維持することです。

ONEmには、モバイル通信事業者にとって多くの興味深いサービスがあります。 トーンゲイトティーを必要とする時間は常にあり、接続してユーザーベースを構築します。

ONEmはすでに多くのオペレータに接続されており、進捗のための作業方法を理解しています。 mCoinへのVirtualaccessはオペレータのSMSに依存します。

暗号化が許可されていない場合、クローズドエコシステムまたはmPointsソリューションを使用できます。

ONEmには次の利点があります。

  • 新しいアプリケーションまたは既存のアプリケーションにmCoinの使用を含める
  • ローカルマーケットとは独立したmCoinの使用を作成する
  • mPointsプロキシソリューションの使用

ユーザーのテイクアップと採用

長期的な生存のためには、すべての暗号化通貨は、購入し、維持し、取引する人々を必要とする。 これらの一定の活動はその価値を高める。 課題はmCoinの持続可能なニーズを作り出すことです。

ONEmは、mCoinをそのサービスの使用に対する報酬システムとして使用して、一定の活動を生成します。

〜最後に(○すぎくんより)〜

長い長い文章になりました。挿入図も出来る限り日本語に訳しました。できれば”詐欺コイン”じゃなければいいんだけどな〜。とりあえず取引所に上場まで待ちましょう!何か動きがあったら出来るだけ更新していきますのでよろしくお願いします!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です