【仮想通貨】PENGUIN(PENG)ホワイトペーパー解説(Version 1.0.0)

スポンサードリンク




みなさんこんにちは。ちまたで話題になっているPENGUIN(PENG)コイン。そのアイコンの可愛さに惹かれて記事を書きたくなった🐧好きブロガー○すぎくん○すぎくんのtwitter)です!ホワイトペーパーが出るということで今か今かと待っていました。急いで書くので間違える部分もあるかもしれませんがよろしくお願いします!

PENGUIN(PENG)ホワイトペーパー

暗号通貨の新しい概念

Penguin Coinについて

  • 通貨の名称:Penguin Coin
  • 通貨表記 :PENG
  • アルゴリズム:quark
  • モード:POS/マスターノード
  • rpc  :3181
  • p2p :3182
  • ステーク時間:1時間
  • 最大発行量:17,147,480,000(171億4748万PENG)
  • 分散されたブロック:52,560,000 Blocks
  • マスターノード必要量:5,000,000PENG ※ホルダーさん情報によりスワップが10:1が判明
  • ブロック生成時間:60秒
  • ステーク時間:60秒

本文について

このホワイトペーパーでは、デザインの選択肢の背後にある論理的根拠を含むペンギンコインの暗号化通貨の主要機能について紹介し、概要を説明します。 Penguin Coinはマスターノードステーク(StakeProof of Stake)機能を搭載したPIVXコードに基づいており、Penguin Coinが定期的かつ即座の寄付を行うことができるAutotomous Charitable Transfers(ACT)などの機能を追加しています。 マスターノードの報酬をグローバルなチャリティーネットワークに提供しています。 また、暗号通貨に遍在するいくつかのコアコンセプトと技術を説明するためにいくつかの注意が払われており、このホワイトペーパーは一般的な暗号通貨に精通していない読者であってもペンギンコインの自己完結型ガイドとして役立ちます。

前書き

Penguin Coinとは

暗号通貨は2008年にBitcoinから始まりました。オンラインでの支払いを金融機関を使用せずに一方の当事者から他方の当事者に直接送ることを可能にする純粋なピアツーピア(P2P)版の電子現金です。多くの暗号通貨が出現するだろう。私たちは、世界を劇的に変える可能性のある暗号化ブームの始まりです。
ペンギンコインはこの世界的な変化の大部分を占める予定です。コミットされた開発チームを持つペンギンコインは、グローバルな援助と人道的な活動に寄付することの不可欠な部分になる予定です。ブロックチェーンで未来を支援してください。ペンギンコインは、生き残るために厳しい条件に日常的に耐え、克服する生き物に触発されています。類の災害や自然災害は、私たちが住んでいる世界の非常に多くの機能であり、その場所や背景にかかわらず、恵まれない人々に必要な援助を提供するよう努力する必要があります。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、暗号化を使用してリンクされ、保護されている、ブロックと呼ばれるレコードの絶えず増加するリストです。 各ブロックには、前のブロックの暗号化ハッシュ、タイムスタンプ、およびトランザクションが含まれています。 設計上、ブロックチェーンはデータの修正に耐性があります。 これは「オープンな分散型元帳であり、2者間の取引を効率的かつ検証可能かつ恒久的に記録することができます。分散元帳として使用する場合、ブロックチェーンは一般にピアツーピアネットワークによって管理されます。 ノード間通信と新しいブロックの検証を行います。一度記録されると、ブロックのデータは後続のすべてのブロックを変更することなく遡及的に変更することはできません。

ブロックチェーンの説明で僕が持っている本「アフター・ビットコインー仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者ー著者:中島真志」でとてもわかりやすい図がありましたので以下に画像を参考にして下さい!

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンは”分散型の分散型公共デジタルレジャー”であり、多くのコンピュータ間でトランザクション(取引)を記録するために使用され、以降のすべてのブロックやネットワークのコンセンサスを変更することなく、レコードを遡及的に変更することはできません。これにより、参加者は安価にトランザクションを検証および監査できます。ブロックチェーンデータベースは、ピアツーピア(P2P)ネットワークと分散型タイムスタンプサーバーを使用して自律的に管理されます。彼らは集合的な自己利益によって動かされる大規模な協力によって認証される。その結果、参加者のデータセキュリティに関する不確実性はほとんどない堅牢なワークフロー(流れ)になります。ブロックチェーンを使用することで、デジタルアセットから無限の再現性の特徴が取り除かれます。それは、価値の各単位が一度だけ移転され、二重支出という長年の問題を解決していることを確認します。ブロックチェーンは価値交換プロトコルとして説明されている。このブロックチェーンに基づく価値交換は、従来のシステムよりも迅速かつ安全で安価に完了することができます。

ブロックについて

ブロックは、ハッシュされ、エンコードされた有効なトランザクション(取引)のバッチを保持します。各ブロックは、ブロックチェーン内の先行ブロックの暗号ハッシュを含み、その2つをリンクする。連結されたブロックは鎖を形成する。この反復プロセスは、前のブロックの完全性を、元の起源ブロックまですべて確認する。

ブロック生成時間

ブロック生成時間は、ネットワークがブロックチェーン内に余分なブロックを1つ生成するのにかかる平均時間です。いくつかのブロックチェーンは、5秒ごとに新しいブロックを作成します。ブロック完了時までに、含まれているデータが検証可能になります。 cryptocurrencyでは、これは実際にトランザクションが行われるときであるため、ブロック時間が短くなるとトランザクションが高速になります。

分散

ピアツーピアネットワークにデータを格納することにより、ブロックチェーンは、データが集中的に保持されることに伴う多くのリスクを排除します。ピアツーピア(P2P)のブロックチェーンネットワークには、コンピュータクラッカーが悪用できる脆弱性の集中点がありません。同様に、それは失敗のnocentralポイントを持っています。ブロックチェインのセキュリティ方法には、公開鍵暗号の使用が含まれます。

公開鍵(長い乱数の数字列)は、ブロックチェーン上のアドレスです。 ネットワークを介して送信される値トークンは、そのアドレスに属するものとして記録されます。プライベートキーは、所有者がデジタル資産にアクセスするためのパスワードや、ブロックチェーンがサポートするさまざまな機能と相互作用するための手段です。 ブロックチェーンに格納されたデータは、通常、壊れないとみなされます。分散システムのすべてのノードにブロックチェーンのコピーがあります。 大量のデータベース複製と計算上の信頼によって、データ品質が維持されます。 中央の「公式」コピーは存在せず、ユーザーは他のどのユーザーよりも「信頼できる」ものではありません。 トランザクションは、ソフトウェアを使用してネットワークにブロードキャストされます。 マイニングノードはトランザクションを検証し、トランザクションをビルド中のブロックに追加し、完了したブロックを他のノードにブロードキャストします。

PENG:原動力

ミッション(試練)

ペンギンコインは、使いやすく機能的で意味のある暗号化を世界に提供するよう努めています。ユーティリティとチャリティの両方の暗号化。国境や障壁を越えて到達できるコインは、必要な場所で迅速かつ確実にサポートを提供します。

ギンコインの背後にある中心的なアイデアは、バックグラウンドや場所に関係なく、必要な人々や動物に不可欠な援助と支援を提供することです。人類の災害や自然災害は、私たちが住んでいる世界の非常に多くの特徴であり、日常的に人間や動物の生活を害するものです。

その結果、ペンギン・コイン・ネットワークは、効率性と趣向、そしてペンギン・コインの環境大使とペンギン・コイン・コミュニティーによって確認された小規模な現地活動で知られている国際機関に資金を作り配布します。

透明性もプロジェクトの重要な柱の1つであるため、生成されたすべての資金はブロックチェーン上の公開された財布に入れられ、すべての寄付は追跡され、さまざまなメディアを通じて伝達されます。

目標

Penguin Coin(PENG)は多くの目標を達成するために努力しています。 そのためには、PENGは一連の手順や目標をうまく乗り越えたり実装しなければなりません。 要約すると、コインの主要な目標と、これらの目標が偶発的である仕組みやステップです。

変化可能なものを有効にする

幅広い人道的および動物福祉活動の積極的な変化をグローバルに可能にする。

  • この目標を達成するうえで、ブロックチェーン技術を広範囲に活用して、救済機関にPENGを低コストで低コストで国境を越えて寄付することが可能になります。 そうするためには、PENGが効果的であるかどうか(すなわち、目標とする原因に高い割合で寄付を行う能力)を条件に、人道的/動物福祉の主要な主要組織との戦略的パートナーシップを構築することが不可欠です。 これらの団体はPENGを承認された支払い方法リストに統合し、PENGユーザーから寄付を受けることができます。多くの慈善団体はすでにBTCを受け入れています。
  • 援助組織のワークフローへのPENGの統合を促進する独自のBlockchainベースのツールを設計します。これらのツールをうまく統合することで、PENGで提出されたすべての寄付が対象組織によってできるだけ効率的に使用されるようになります。
  • 自律的慈善移転(ACT)を実施する。 すべてのマスターノード支払いの5%スライスは透明で公開された財布に入れられ、定期的にパートナーの慈善団体に譲渡されます

Penguin Coin(PENG)の開発について

PENGとそのコミュニティを持続可能で安定した生態系に変えます。

目的は以下の5つになります。

  • 変更と機能拡張のシームレスな統合を可能にするための暗号アルゴリズムを開発する。この重要な設計上の選択は、コードが将来の技術開発に容易に適応できるようになるでしょう。
  • PoS上のベースPENG(ステークの証明)は、緑のアルゴリズムである(すなわち、計算上は集中的ではない)。
  • マスターノードのガバナンス体系を導入することで、今後のすべての決定をコミュニティと一緒に行うことができます。少数のマスターノードのコインにガバナンスのシステムを導入します。少数のマスターノードコインがPENG開発にフィードバックされ、PENG開発チームの能力を強化し、競争力を維持するための新しい機能を備えたコインの改善に必要なリソースを確実に配分することができます。
  • コミュニティからのフィードバックに耳を傾け、コミュニティの希望リストに機能を統合する。さまざまなソーシャルメディアのプラットフォームを通じて、コミュニティとの継続的な対話を維持する。
  • PENGがACT、慈善団体の選定および開発ロードマップに関する活動において可能な限り透明であることを確認する。

広範な採用

目的は以下の5つになります。

  1. iOS、Android、Windows、Linux、Mac、Webから幅広いプラットフォームでPENGを起動することで、PENGのアクセシビリティを最大限に高めることができます。 この通貨を改善するためのアプローチ。
  2. PENGを使用する際の主要な特徴と利点を説明する明快で簡潔なウェブサイトとマーケティング資料を維持し、継続的に開発する。
  3. マーケティング部門をチームに追加して、社会的メディアネットワーク上でのプレゼンスを大幅に拡大し、ビデオやインフォグラフィックスの形式で有益なメディアコンテンツを作成し、さまざまなチャネルを通じてターゲット広告に従事する。
  4. 当社のウェブサイトにPENG仮想ストアを導入する。
  5. 純粋にデジタルを超えてPENGを拡大するために、戦略的な場所に物理的な店舗をグローバルに展開する。

技術

Penguin Coinは新しい暗号代替法であり、オープンソースであり、ピアツーピア(P2P)技術を使用して中央権限なしで機能し、スクリプトアルゴリズムを使用して作業証明に依存しています。

マスターノードとは?

マスターノードとは、同じブロックチェーン上で同じウォレットソフトウェアを実行しているネットワーク上の別のサービスを提供するノードです。 これらのサービスは以下の通りです。

  • 匿名化により取引のプライバシーが向上
  • インスタントトランザクション
  • 分散型ガバナンス
  • 分散型予算編成システム
  • 不変の提案および投票システム

このようなサービスを提供するために、マスターネットは各ブロックの報酬の一部を支払う。 これはマスターノードの所有者の受動的な収入からランニングコストを差し引いたものになります。

能力が向上したため、マスターノードは通常、実行するためにかなりの投資が必要です。 しかし、これは、インセンティブ付与が行われている場所です。マスターノードオペレーターは、彼らが促進している暗号侵害が何であれ、ブロック報酬の一部を獲得することによって報酬を得られます。

ステーク機能の概要

ステーク・オブ・ステーク(PoS)は、トランザクション(取引)のブロックを検証するために、ブロックチェーン内にコインがあることを証明するウォレット・ソフトウェアを実行しているノードを必要とします。 参加ノードは、報酬の形態として、セット期間当たりのステークに比例したブロック量を受信する。これは、多数の参加ノード(おおよそ均等な金額)で、ネットワーク内のコインの大半を所有することが困難になるため、ネットワークが非常に安全になることを意味します。

  • アルゴリズム:Quark
  • 最大発行量:17,147,480,000(171億4748万PENG)
  • 分散されたブロック:52,560,000 Blocks
  • ブロック生成時間:60秒
  • 報酬システム: Proof Of Stake(ステーク)/マスターノード
  • コインの成熟(生成):60 ブロック

プライバシートークン

Penguin Coinの根底にあるコードはPIVXベースです。これは、目に見えて分かりやすい分散型ガバナンスとトランザクションの信頼性向上のためのマスターネットのネットワークを利用しています。

主な目的は、ほぼ即時のプライベートトランザクションと、関係するすべてのユーザーの利益のためにネットワークを維持するのに役立つガバナンスを達成することです。 私たちはこれを達成するために努力していますが、いくつかの機能は開発中であり、近い将来に登場するはずです。

Zerocoinは、Bitcoinの大きな弱点、つまり取引を公開元帳(すなわちプライバシー)から切り離すことができないという非常に尊重された第三者プロジェクトです。 100%追跡不可能で匿名で安全な送受信をPENGに与えるために、我々はZerocoinの強力なテクノロジースイートを活用し、この新しい変種をzPENGと呼んでいます。 ブロック10,000,001でzPENGが有効になります。

zPENGは100%プライベートと代替可能です。 それは匿名で追跡不能です。 送信されたすべてのコインには取引履歴がありません。 詐欺師にとって魅力的な大きな財布は全く不透明です。 zPENGはゼロコインプロトコルによって共有分散プールに格納され、ブロックチェーンは循環量を完全に追跡します。 ユーザーがzPENGを別のウォレットアドレスに送信したい場合は、送信者のウォレットは、プール内のzPENGの一部をPENGに戻してシングルステッププロセスで受信者に送信するゼロ知識証明をブロックチェーンに発行します。 消費者が共有プール内のzPENG所有権のゼロ知識証明を提供できる限り、新しいzPENGが作成されます。 これは本質的に、以前のアドレスからのコイン取引履歴のリンクを解除し、トランザクションを追跡不能にする。

ロードマップ

2018年第二四半期〜第三四半期

  • 通貨の開発
  • モバイルアプリケーションの開発

2018年第三四半期

  • マスターノードのプレセール
  • OTCのプレセール

2018年9月14日

  • ペンギンコインスワップ

2018年第四四半期

  • 取引所のリストアップ
  • IOSウォレット配布
  • アンドロイドウォレットの配布
  • マーケティングの拡大

2019年第一四半期

  • オンラインストア
  • 現物店舗?の展開

2019年第二四半期

  • PENGUIN HQ
  • 宣伝(広告)イベント

〜最後に〜

急いで書いたので、誤字脱字あるかと思います。ぜひご指摘下さい!内容に関しても僕の解釈が間違っているところがある可能性大ありです!間違っている場合は言って頂けると助かります!その都度訂正しますのでお気軽に言ってください。

内容を出来るだけ理解しながら書きましたが、チャリティー精神あふれるコインなんですね!僕もより応援したくなりました!スワップの際に現状と何:何になるとかは記載してなかったような。マスターノードを建てたい方が多いと思いますので、とても気になるところですね(僕もマスターノード建てたくなったのでとても気になります)。Twitterでお体にお気をつけ下さいとか温かいお言葉嬉しかったです。ありがとうございます。出来る限り新情報が出た際、ホワイトペーパーが更新した場合にはいち早く更新、記事を書いていきますので、今後とも○すぎくんをよろしくお願いします!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です